スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢甲斐塾5月例会 ペーストMAP作成委員会presents☆


11期生の例会のお知らせです。


5月7日 小瀬武道館 第2会議室

毎日当たり前に繰り返している「食べる」ということ。

障害者や高齢者の中には、「食べる」ためにたくさんの努力と工夫が必要な方たちが少なくありません。

わたしたち《ペーストMAP作成委員会》は、そういう方々がわたしたちと同じテーブルに着き、同じメニューを食べられるお店を知る!増やす!ことを目的に活動を始めています。

自分自身の「食べる」行為を見直してみることで、「食べられない」とはどういうことなのか、、、考えてみませんか?

19:00 受付開始
19:30 開会
1・「『食べる』とは」情熱の歯科医師・矢島孝浩先生☆
2・実験!~お茶を飲んでみよう☆飲ませてみよう~
21:30 閉会

たくさんの方に知っていただきたい知識です!
飲食関係、介護関係の方を始め、興味のある方々のご参加、お待ちしています(*^o^*)




広報・中川
スポンサーサイト

11月2日(水)夢甲斐塾11期チャリティー例会 東北復興祈念講演会報告

平成23年11月2日(水)小瀬スポーツ公園武道館第1会議室にて開催いたしました、

夢甲斐塾11期チャリティー例会 東北復興祈念講演会の報告をいたします。

384011_142184015881440_100002695282721_138732_833334349_n.jpg

講演者は、

福島原発行動隊の支援活動をしている原伸介氏(上写真)

夢甲斐塾塾長 上甲晃先生

ご両名にから、東北復興祈念講演をいただきました。

この度は、チャリティー例会として塾生以外の一般の方も参加を募り、
総勢71名の方々にご参加いただきました。
寄付金は総額129,000円となり、原氏の福島原発支援活動へ全額寄付いたしました。
多くのご寄附誠にありがとうございました。

この度は、多くの方々と、山梨から現在の福島原発の現状を知る学びの場を共有することができ、
夢甲斐塾、主催者一同、この講演会が開催できたことを大変うれしく思います。

これからも、「知ることが支援の始まり」という点から
震災に対してもっと知っていただく機会をこの山梨でつくる活動も行っていきたいと思います。



最後にこのたび参加者の方々からいただいたアンケートから
喜びの声を一部掲載いたします。

- 被災地へいけなくとも、自らの持ち場で輝くことが大切。このことばを胸に刻んで、今日から歩んでいきます。ありがとうございました。

- 「よく考えるな」「感じたら動く、ときめいたら動く」行動する力、元気な力ももらいました。
有難うございました。

- 今日は、とても良い話を聞く事が出来ました。来て良かったです。有り難うございました。

- 日頃聞けない貴重な話をお聞きすることができました。人として、日本人としての自分を振り返るきっかけになりました。

- 心うたれるお話で、また次回も聴きにきたいと思います。お話をよくもう一度自分に問いかけて、行動していきたいと感じました。

- 原さんの福島のお話は今日で3回目ですが、毎回聞くたびに違う要素がくわわっており、聞くたびに感じるものがあります。また、上甲塾長のお話も大変感銘を受けました。今回の震災で本当に多くの尊い命が失われました。この方たちの魂がむくわれる世の中にしていけるように、日本人としての精神を取り戻すお手伝いをしていきたいと思います。

- 講演会、とても良かったです。貴重な時間をありがとうございました。生きるとは何かを考える機会になりました。

- 原さんの講演を聞いて、今までの自分の考え方、価値観が変わりました。新しいこと、未知のことに今までは「できるかどうか」ということをかなり慎重に考えて、結局動けないこともありました。未経験のことに対する不安のほうが大きかったと思います。しかし、「とりあえずやってみる」「やらなくては何も変わらない」という原さんの考えを受けて、思い立ったら行動することの大切さを感じました。また原発行動隊の話を聞いて、若者に対して、命を、未来を託されたと深く受けとめました。行動隊の方々の行動を尊敬するとともに、託された思いを私たちが背負ってつなげていこうと強く思いました。貴重な話をありがとうございました。

- 原さんはいつもおもしろいですね。生き方考え方。福島から日本全体を考える事が、日本を前にすすめる事ができると思いました。

- 貴重なお話が聞けて大変勉強になりました。ありがとうございました。

- 震災の以後、ボランティアに行きたくても仕事の関係で行けなかった。募金などもさせて頂いたけれど、本当に被災地の人の為になっているのか不安だった。しかし、月日でだんだんとその時の気持ちを忘れかけている。ニュースやドキュメンタリーを見る機会も減ってしまって自分の無関心に気づいた。今回の講演会で、また自分にできることを長くさせて頂きたいと思う。

- 今の自分を見つめ直すことができました。1つ1つの言葉にパワーを感じました。まずは私が輝くことから目指し、感謝の気持ちを忘れずに誰かの役に立てる私になりたいです。貴重なお話を聴かせて頂き、ありがとうございました。

- 原さんのお話、楽しくて、感動して、最高でした。『和』は日本!なのですね。日本人に、今、生きていること、また一つ決意につながりました。本当にありがとうございました。
上甲塾長、高齢者も、最後まで、命を輝かせてほしいし、それって、生きた誇りとして、自分自身や、残された家族に、一番の贈り物になるのだなと思いました。日本人として、志を持って生きたいと思います。ありがとうございました。夢甲斐の皆さま、ありがとうございました。

- 原さんの講演、上甲塾長の講演感動しました!!原さんの「戦いからは何も生まれない」本当にその通りだと思います。すべてが私の責任と、みんなが思って行動したら世の中は変わるでしょう。まずは私からですね。脱原発の前に『脱依存』。自立した生き方をこれから歩みたいと思います。ありがとうございました!!

- 原さん、上甲先生、今日は有難うございました。山田さんの話からも上甲先生の話からも、私自身の命を輝かせて生きていこうと思います。本気を証明するために日々を本気で生き続けます。

- 熱く、楽しく、良い話を聴かせていただきました。ありがとうございました。



文責:夢甲斐塾11期 間宮芳生

テーマ : 山梨県
ジャンル : 地域情報

11期夢甲斐塾9月第一例会

11期夢甲斐塾9月第一例会(平成23年9月13日小瀬武道館会議室)
11期生が企画運営する初めての例会が、開催されました。
塾生スピーチは8期生の窪田あつ子さん、9期生の近藤陽介くんでした。
その後11期生の公開ミーティングで、11期のスローガンが決定しました。「わ」~はじまりは山梨から 終わりは山梨に~ 
※風水師窪田あつ子の格言 「不幸にならないために不運の先取りをしろ」
※近藤陽介くんからは青年海外協力隊でウガンダに行き3回死にかけた話し、そしてウガンダでの体験から前向きに生きることが出来るようになった話がありました。
次回は9/16(月)19:30~甲府総合市民会館にて塾長例会です。
写真にタグ付け
254610_123649874400714_116553621777006_126800_4045937_n.jpg


8期入倉 要

志高く出る杭になる

こんばんは!中川です。
天気予報によるとこの暑さも明日位までの様です。
去年に比べると、朝晩は涼しかったかなぁ。
虫が少ないのが助かりましたが、
あまりに少なく不気味です。
牧丘はクーラー知らずです。
皆引っ越してきませんか~?

11期生のリーダーせいちゃんのブログです。

以下コピペです。



みなさま、

こんばんは。

コンディショニングスタジオKAICON代表、

セイちゃんこと、間宮芳生です。



夢甲斐塾に入って早1ヶ月が経とうしています。



「志高く出る杭になる」



がスローガンの夢甲斐塾、



他人様からすると

さぞ腕ブンブン振り回して「カモン!カモン!」と攻撃的な人間の集まった集団

と思っていらっしゃる人も多いかもしれませんが

それは大きな誤解です。



では「出る杭」ってどんな人?

それは、先日塾長が11期生向けに送ってくださった

志ネットワークの「デイリーメッセージ」に添えられていた、

11期生13名に宛てた手紙の中にありました。

その部分を抜粋します。



『夢甲斐塾』は、山梨をより良くしたいと願う人たちの研鑽の場です。山梨を良くする第一歩は、自分を良くすることです。山梨県民の一人である私が良くなければ、それだけで、山梨は八十万分の一良くなったのです。もしそれが、十三人全員にあてはまるとしたら、十一期生の十三人が、より良い存在になったら、山梨は七万の一分、より良くなります。地域を良くしていくためには、まず自らを良くし、それをさらに身近なところから徐々に広げていくしか始めようがないのです。




また、上甲塾長は、



「継続こそ、本気の証明」



「自分を良くする第一歩は、人に迷惑をかけない、願わくば、少しでも人の役に立てるようにすること」



と常に説いています。




では、

「出る杭になる人」になるためにはまず何からやって行くべきか?

自分なりに解釈したものは書いてみます。



「出る杭になる人」とは、



1.人様に迷惑をかけず常に自分を良くしようとする人

2.その良さを広げていくための行動をする人

3.その行動を継続して行う人



この3つを基本としている人。




「夢甲斐塾」は

勇ましい武闘派集団ではありません。

たくましい人間の集まりです。



この1年を通してまず塾の理念をしっかり叩き込んでいこうと思います。

その様子はブログで報告していきますね。




セイちゃん

11期第2回研修例会

8期入倉さんより
ありがとうございます


2011.08.09 19:15~22:00 小瀬武道館会議室
「知り合う」というテーマで11期第2回研修例会を開催しました。
11期生は仕事の都合で欠席となった湊一茂くんを除く12名が出席し、先輩塾生も20名以上が参加し、盛り上がった会となりました。例会としては「山梨のことをもっと知ろう」をコンセプトに真壁俊之代表のスピーチがあり、続いて夢甲斐塾のことを知ってもらおうという趣旨で、8期の中川徳子さんから現在継続されている活動(マイ箸づくり)が、どのようにスタートし、どのように活動しているのかの紹介や、10期生の三枝数也リーダーから、「リーダーを引き受けて」という話がされました。その後、11期生による他者紹介(本人が言いにくい良い点を発表し合う)と続き、11期生ミーティングでは11期のリーダーをはじめ下記記載のことがスムーズに決まりました。
次回の例会は8月23日(日)19:30~22:00 小瀬武道館会議室となります。次回も多くの方の参加をお待ちしています。

◆決定事項◆
11期リーダー&連絡係 間宮芳生(まみやほうせい)
塾長係        荒井弓(あらいゆみ)
市民フェスタ主    窪田智子(くぼたともこ)
市民フェスタサブ   小俣勲(おまたいさお)
連絡係        藤松尚子(ふじまつなおこ)
 会計係       削除
◆今後の塾長例会日時◆
2011年9月26日(月)19:30~
2011年11月2日(水)
2011年12月は、25日(日)か26日(月)に、清里で、徹底的に話し合う会。
※会場(萌木の村さん)と調整の上、日程決定。
2012年2月26日(日)
2012年3月25日(日)~26日(月)25日を基本とした合宿研修。


◇11期生ミーティング◇

削除


◇11期生集合写真◇

削除


◇参加者集合写真◇

削除



プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5929位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。