スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『私の宝物』

※志ネットワーク発行 「デイリーメッセージ平成20年7月号」より

『私の宝物』   平成20年7月28日 6221号

 私が塾長を務めている『夢甲斐塾』は、開塾して八年目を迎えた。過去の一年間、一緒に学んできた七期生の出発式と、これから一年間、新しく共に学ぼうという八期生の入塾式を、同じ日に行った。『夢甲斐塾』は、私が山梨に出かける日程に合わせて行事を計画するので、同一日に、出発式も入塾式も、いっぺんにやってしまおうというわけだ。もっとも、これはこれで、なかなか良い点もある。出て行く人達と、入ってくる人達が、共に顔を合わせてそれぞれの式典に出られるので、仲間意識を持てる。特に今回は、出発式と入塾式を済ませた後、合同のバーベキューパーティーを行った。おかげで、七期生と八期生は、すっかり打ち解けた様子であった。 
 今回入塾した八期生は、二十九人。大幅に、入塾者が増えた。とりわけ、七十歳以上の人が二人いたのには驚いた。もっとも、二人とも、入塾式には欠席した。はたして、日程の都合がつかなかったのか、それとも最後に逡巡したのか、定かではない。誰に聞いても、正確なところはわからなかった。“幻の塾生”に終わるのだろうか。
 入塾式の恒例の企画は、「私の宝物紹介」だ。一期生の時から、塾生の自己紹介として、「自分が一番大切にしているもの」を持参して、紹介してもらった。私は、自分の主宰する場では、いつも一ひねりした自己紹介をしてもらっている。通り一遍の自己紹介では、なかなかみんなの記憶に残らないのだ。「宝物持参」の一ひねり・一工夫で、とたんにみんなの個性が表に出てきて、興味深くなる。
 最初に立ったのは、田端成治君。今も、彼の名前をはっきり覚えているのは、「宝物」に特徴があったからだろう。彼が最初に手を挙げて立った時、横に若い女性が寄り添った。「これが私の妻。宝物です」と言う。この日、何人かが、家族、妻、子供を、「私の宝物」として紹介してくれた。しかし、本人を連れてきたのは、田端君だけだ。後の人は、「一緒に行ってくれと頼んだけれども、断られました」などと、いささか力弱い。
 もともと、「私の宝物持参」のアイディアを考えたのは、私である。私は、どんな時でも、「何か一工夫」を心掛けている。形にはまった、通り一遍が一番嫌いだ。どんなことをする時でも、「一工夫を加える」ことによって、自分の個性を表に出せるのだ。今回も、現物を持参した人達は、揃って、印象が深い。今でも、はっきりと記憶にとどまっている。大きな楽器を持参して、その場で演奏してくれた人のことなどは、もう忘れられない。かつてない多人数の塾生が、何人最後まで続けられるか、楽しみだ。
 
スポンサーサイト

8期生入塾式

平成20年7月26日 甲斐市敷島総合文化会館にて
“8期生入塾式”が執り行われました。

今年の入塾者は総勢29名。
夢甲斐塾6期生が中心になった「塾生募集委員会」が、多くの塾生を通じて
入塾の呼びかけを行った結果、今までにない塾生数での船出となりました。
8期入塾式5

夢甲斐塾には、入塾のための制限は何らありません。何かを学びたい人、
何かに出逢いたい人、自ら行動しようと強く思っている人、何となくという人、
実に様々な人が集まります。
その年齢も、8期生は、21歳から70歳までと実に幅広く、どれだけまとまるのか?
逆にまとまらないことが強みでもあるかのようです。

入塾した8期生は、最初に、『自分の宝物』を披露します。
本人にとって“これだ!”というものを持ち寄ります。
想い出の品であったり、大切な人であったりと。
8期入塾式2  8期入塾式10  8期入塾式9


宝物に、その人そのものが現れているという塾長の考えから、毎年、入塾生は真剣に考えます。
また、その理由やエピソードに耳を傾けます。お互いを知るために。
8期入塾式4  8期入塾式11


そうした個性豊かな宝物紹介が終わると、塾長から、入塾生に対し、初めてのメッセージが贈られます。
8期入塾式13  8期入塾式12

8期生への塾長からの課題は、「29人全員で揃って一年後の出発式を迎える」というものでした。
それは、その場に集まった7期までの塾生に対しても一つのメッセージでありました。
8期入塾式6


これからの夢甲斐塾での1年間をどのようにするかは、すべて8期生次第。
8期入塾式8  8期入塾式7
早速、‘自分たちの夢甲斐塾’を進めていく打ち合わせに入ります。
“自修自得”がモットーの夢甲斐塾。1年後が楽しみな8期生たちです。  (6期雨宮)



【7期生】出発式

2008/7/26 夢甲斐塾の7期生出発式



記念品贈呈柴田

出発式集合




去年、入塾したのがあっという間でした。




出発式のセレモニー自体は、敷島総合文化会館をかりて行いました。




夜は懇親会、といっても甲府ユースホステルまで移動してのバーべQ&キャンプファイヤーです。

バーべQ

ダンス

夜




2008072619470001.jpg




8期生も交えての懇親会だったので、40人ぐらい




キャンプファイヤーは木製のパレットを重ねました。


炊きつけ用として、我が家の要らないラティスフェンスを薪にして入れてあります。




写真には無いですが、自作の松明で、女神さまが火の神様に火を渡したり


ちゃんとセレモニーッぽくやりました。






世界に一つだけの花、の合唱からはじまり、


マイムマイムなどのフォークダンスもみんな楽しんで踊りました。




この火が鎮火してから、最後のイベント 肝試し が始まります。




さすがに写真は無かったですが、怖かったですよー。


と思う。(お化け役なので)






次の日は、出発式第2部の思い出登山です。




登山と言っても、昇仙峡ロープウェイで登って15分くらいです。




でも、疲れました、かなり・・・・・。




写真は、荒川ダム




17年前に来たときは、木が生い茂ってなくてもっと眺めが良かった気がしました。






頂上はこんな感じです。




写真ではわかりませんが、けっこう怖いです。




2008072710530000.jpg



頂上での記念写真




天気も良くて最高でした!













8期入塾式&懇親会

■事業名 8期入塾式(レポート堀内美希)
■日 時 2008年7月26日(土) 14:00~16:00
■場 所 敷島総合文化会館 視聴覚ホール甲斐市島上条1020 電話:055-277-4111
     敷島総合文化会館
■備 考 【懇親会・バーベキュー・宿泊】
     日時:7月26日(土) 17:00~(入塾式、移動終了後)
     場所:甲府ハイランドユースホステル 甲府市上帯那町1355 電話:055-251-8020
      甲府ハイランドユースホステル
     懇親会費:2000円(8期生)・宿泊費: 3000円・朝食代: 530円
■事業報告
1.出席者(8期生)22名
伊藤洋太・井上祐宏・入倉 要・小倉 尚・家苗浩明・窪田あつ子・桑原浩二・三枝たかし・酒井智彦・佐野吉彦・鈴木陽介・田端成治・千野涼子・中川徳子・西田延康・野中浩二・早川慎也・堀内美希・前田えみ子・宮崎みどり・望月亜矢子・和田幸士

2008_07_26_01_kuwabara.jpg
上甲塾長と清水康邦代表

2008_07_26_02_kuwabara.jpg
清水代表挨拶。司会は5期の木村さん

2008_07_26_03_kuwabara.gif
デイリーメッセージに登場した田端夫妻

2008_07_26_04_kuwabara.jpg
我らがファゴット吹き、8期リーダーの堀内美希。8期最年少参加者です。

テーマ : 山梨県
ジャンル : 地域情報

旧理念 (2008.7.23)

夢甲斐塾理念

 夢ある未来の為に、

 多くのことを学び自分の夢を育て

 自らが主となり行動できる人のネットワークをひろげる。



                     平成20年7月23日
                     於 平成19年度総会

旧規約 (2008.7.23)

夢甲斐塾 規約

(名称)
第1条 この会は、夢甲斐塾(以下「塾」という。)と称する。

(理念)
第2条 夢ある未来の為に、多くのことを学び自分の夢を育て、自らが主となり行動できる人のネットワークをひろげる。

(塾の構成)
第3条 この塾は、下記により構成される。
(1) 塾長及び塾生及び研修生
(2) 塾生の中から事務局を構成する
(3) 最新年度に入塾した塾生を1年間研修生とする

(事業)
第4条 塾は、その理念を達成するために、次の事業を行う。
(1) 自修自得、万事研修を図るための活動
(2) まちづくりの推進及び地域のリーダーを育成する活動
(3) 経済活動の活性化を図る活動
(4) 歴史・文化、学術、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(5) 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
(6) その他塾の理念を達成するために必要な活動

(塾長)
第5条 塾には、塾生を指導育成する塾長を置く。

(塾生及び研修生)
第6条 塾生は、次のいずれかに該当する者とする。
(1) 「志」(人の為に何かできる心)をもっている人
(2) 山梨をもっと良くしたいと思っている人
(3) 特色ある地域づくりをしたい人
(4) 何かで日本一になりたい人
(5) 夢を実現したい人
(6) 自分を磨きたい人
2 塾生は、総会の議決権を有する。

(入塾)
第7条 入塾しようとするものは、入塾申込書及び所定の書類を塾長に提出し、塾長の承認を得るものとする。

(会費)
第8条 塾の年会費は、1万円とする。
年会費の金額については総会の議決を経て、事務局で定めることとする。

(事務局の構成)
第9条 事務局に、次の役職を置く。
(1)塾生代表 1 名
(2)塾生副代表 1 名
(3)事務局長 1 名
(4)会計 1 名
(5)監事 1 名
(6)その他必要な事務局員 若干名

(事務局の職務)
第10条 塾生代表は、塾生を代表し、塾を統括する。
2 塾生副代表は、塾生代表を補佐し、塾生代表に事故あるときは、その職務を代理する。
3 事務局長は、事務を統括する。
4 会計は、塾の会計を担当する。
5 監査は、塾の活動及び会計の監査をする。

(事務局員の選任と任期)
第11条 事務局員については総会において選任する。
2 事務局の任期は、1年とする。ただし、再任は妨げない。
3 補欠による事務局の任期は、前項の規定にかかわらず、前任者の残任期間とする。

(総会)
第12条 総会は、塾の事務の管理及び執行についての基本的な事項を決定する。
2 総会は、塾生代表がこれを招集する。
3 その招集については、事務局がその任を負う。
4 塾生代表は、年1回定例総会を招集するほか、必要と認めるときは、臨時総会を招集することができる。
5 総会の議長は、その総会において、出席した塾生のうちから選任する 。
6 総会の議事は出席した塾生の過半数をもって決し、可否同数の時は議長の決するところによる。

(事業計画及び事業年度)
第13条 事務局は、事業年度ごとに事業計画を作成し、総会に提出しなければならない。
2 事業年度は、毎年7月1日に始まり、翌年6月30日に終わる。
3 複数年度にわたる事業などに関しては、第2項によるものではない。

(規約の改廃)
第14条 この規約の改廃は、第12条第6項の規定にかかわらず、総会において出席した塾生の3分の2以上の賛成をもって決する。

(その他)
第15条 この規約に定めるもののほか必要な事項については、事務局が定める。

附則
塾長は、上甲晃とする。(敬称略)
塾生は、会費の他に会議運営費を納入する。
この規約は、平成20年7月23日から施行する。
プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5433位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。