スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年 5月 事務局会議議事録

平成23年5月17日(水)19時~   於 花水木 参加者12名

議題
○規約改正案について
 規約改正案の第4条、第5条、第10条を修正いたしました。
 なお、設立趣旨を加えます。
 6月事務局会議で最終確認を行い、総会に提出いたします。

○規約細則について
 以下、会計について細則を設けます。
 以下の案を6月事務局会議に提出します。
 ・ 平成23年度の年会費は12,000円とする。
 ・ なお、平成23年度入塾生(11期生)は、10,000円とし、入塾時に徴収する入会金10,000円を年会費として充当する。
 ・ 学生など、本人の申し出により事務局会議の承認を経た者は、年会費8,000円とする。
 ・ 納入方法は、現金および口座振込による。口座振込の場合は、次に口座に振り込む。
 会費振込口座:山梨中央銀行 武田通支店 普通 775504 ユメカイジュク
 ・ 会費の納付期限は平成23年12月末日を期限とする。

 その他、修正や要望等あれば連絡ください。

○11期事務局体制について
 11期の事務局体制について、次の案となりました。
 大きな変更点は、次のとおり。
 情報プロジェクトチーム、MLメルマガ担当を廃止し、情報管理を設けます。
 委員会を廃止し、同じ志、共通のテーマを持って活動しているグループでチーム制を採ります。
 以下、体制案
 (規約)
  代表、副代表、事務局長、会計、会計監査を各1名。
 (細則)
  事務局次長・・・1名ほど 事務局運営など
  広報・・・3名ほど ブログ発信、情報発信窓口など
  11期生担当・・・4名ほど 11期生の研修期間をサポート
  情報管理・・・3名ほど 名簿管理、活動データ収集、ML管理など
  歴代代表・・・相談役
  各期連絡係・・・各期より2名 
  活動しているグループ
  駅前掃除、信玄公祭り、餅つき、農園、地域おこし交流広場、夢甲斐カフェ、論語、郷育フォーラム、箸づくり、紙芝居など
  ※活動しているグループのリーダーを事務局に連絡ください。11期生への紹介や活動等の連絡窓口になっていただきたいと思います。

○10周年事業について
 記念紙・・・記念誌作成のための情報を期限内に提出してください。
 式典・・・場所は、ティンカーベルに決定。式典と親睦会の2部構成。

○11期生受入れ運営について
 主な点は、以下となります。
 入塾後、2ヶ月は事務局で例会を設営する。
 目的は、出発後の塾生と入塾生との関わりや連携がとること。
 塾長例会以外の例会に塾生による15分のスピーチを行う。
 スピーチは、2名例会最後の30分を用いる。
 初回に研修期間の活動、会費、規約の説明を行う。
 2回目に創塾の精神、創塾のいきさつ、塾の独立について、話をする。
 次回以降に、山梨の歴史を知る、山梨の文化を知るをテーマに塾生が話をする。
 以上、詳細は事務局までお問合せください。

○募集委員会より
 公開例会は、10期生の素晴らしい発表でした。
 総数90名の方が来場しました。
 入塾希望者が4~5名ほど、あります。
 入塾説明会が、6月17日(金)18時30分から、甲府市総合市民会館 大会議室で行います。
 お知り合いをお誘いのうえ、ご参加ください。

○総会日程について
 平成23年7月5日(火)19時30分から、行います。

○その他
 郷育フォーラムについて
  公開例会をみて、教育フォーラム実行委員長より、ぜひ10期生に加わってほしいとの要請がありました。

 地域おこし交流広場について
  運営について、夢甲斐塾に中心となってほしいとの要望があったとのこと。
  地域おこし交流広場に関わり深い塾生を中心にチーム制をとり、担当していただきます。
 以上

   事務局長 佐野
スポンサーサイト

4月18日10期生例会

震災から二カ月が経ちました。
私の中でも色々な考え方が変わりました。

4月18日の10期生例会に出席させて頂きました。

当日は山梨県福島県人会の総会へ出席させて頂いた後、
会場に有った義援金箱をお借りして木村さん御夫婦と夢甲斐塾の例会会場「花水木」へ。

例会のテーマは「震災について」

夢甲斐塾の塾生が個々で活動した事を共有して、つなげていこうという趣向です。
支援だけでは無く、東海大地震の時自分達で身を守る事を考える発言もされました。


上甲先生からは

「得意の時には遠慮して、失意の時には寄り添う」
人が得意の時には離れて見守って、困った時には寄り添う
という言葉を頂きました。


木村さんには県人会を新たに立ち上げる経緯についてお話を頂きました。
最後に広報担当の奥様から
「他県の山梨県人会とネットワークを作っておく事も大事」
というアドバイスを受けました。

私達が他県に避難した場合、情報の拠点になるのはやはり山梨県人会だと思うのです。
今回の事で山梨在住の他県の県人会からも支援の話が有るそうです。
繋がる事の大切さを学びました。

今回二つの会に出席させて頂いて印象的だった事。
県人会の総会で福島からいらした若い方が
山梨で仕事を見つけて山梨県人として生きていこうと考えている、
という発言に行き場の無い悲しみを感じました。

8期中川

11期生募集が始まりました

名称;10期夢甲斐塾公開例会
 日時;平成23年5月15日(日)16:00~受付開始 16:30~開会
 場所;アリア ディ フィレンチェ マイスターホール
    甲府市川田町アリア205(甲府市勤労青年センター前)
 備考;入場無料です。

 内容;10期生による未来の生活の提案」
    「上甲晃塾長の“志を磨く”講話」です。
    公開例会終了後に交流会(お茶を飲みながら)も開催します。



想いは10期生あゆみさんのブログをどうぞ!
http://ameblo.jp/soramimi2442/entry-10888278193.html#main


チラシもできました。
viewer1.pngviewer.png


えーっと、チラシをダウンロードできるようにしたいのですが、上手くいきませんでした。
後日出来るようにしておきます。


私も当日受付で山梨福島県人会の木村さんと支援物資の新品Tシャツを集めております(-^□^-)

8期中川



プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4499位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。