スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11期生募集チラシ

お問い合わせはお気軽に!


viewer.png
スポンサーサイト

6/2010期例会

昨日は10期生の最後の例会。
残念ながら到着したのは終了間際でした。
失礼をいたしました。

なのでそこからの報告です。

到着すると
山梨県福島県人会の会長さんと副会長さんのお話でした。
だんだん後義援金が集まらなくなっているという事でした。
山梨には福島からの避難の方が8割です。
自主避難という事で義援金は一切受け取れないそうです。
各市町村がそれぞれ支援をしている状況を話して頂きました。
IMG_1013-s.jpg

中沢さんの終わりの言葉には
「助けられる人を助ける」
心にのこりました。

で、終了後なんとも楽しい企画が。

チャリティオークション!

初体験!

それぞれ持ち寄った品物の説明がまた楽しくて、
値段が上がります。
「普段女性には売らないのですが、今日は特別に出品!」
なんて愛嬌の有るコメントに女性陣の掛け声がかかります。

周りがそこにどよめくとさらに一声高値に!

掛け合いが楽しくって盛り上がりました。
仲間の出品なら安心だし、
売上金は義援金だし。
IMG_1021-s.jpg

私も以前から欲しかった商品を買ってなんだか達成感が有りました。
これは良い企画です。

始めてのオークションはなんだかギャンブル魂を呼び起こしたかの様でした。

今朝早く折笠会長からお礼の電話をいただきました。
こちらこそ来て頂いてお話して頂いてありがとうございました。
8期 中川

支援活動2/2

入倉さんの報告2です。

山梨県より被災地23箇所を回り、被災者の心の復興へ貢献する活動を展開している萌木の村の舩木上次さんの活動を応援するために、日帰りでしたが夢甲斐塾の5名の仲間と共に福島県相馬郡新地町の新地総合体育館に入りました。舩木上次さんの話だと、新地総合体育館はそれまで回ってきた被災地の中でも、一番復旧が進んでいる(近くに火力発電所があることが影響しているようで、どこよりも先に仮設住宅が整備され、現在は体育館ではなく、仮設住宅に100世帯以上が生活をしている。支援物資も潤沢にある)そうです。

 清里フィールドバレイ(ポールラッシュ ドリーム プロジェクト)プログラムは、1途中から一緒に活動している長崎瑞宝太鼓のメンバーの演奏(知的障害を持つメンバーが、それこそ全力で一心不乱に太鼓を奏でる姿に、被災地の方も元気づけられたと思います。私も涙が出るほど感動しました。彼らの活動は、昨年「幸せの太鼓を響かせて」というタイトルで映画化もされたそうです。)そして、国内最大級のオルゴール(ポールラッシュ)の演奏、そしてバレイダンサーによる演技で構成されています。
 この日は今にも雨が降り出しそうな天気で凍えるような寒さの中にもかかわらず100名を超える方が集まり、プログラムが進められました。
 長崎瑞宝太鼓メンバーの力強く一生懸命な演奏に感動し、ポールラッシュの美しい音色に聞き惚れ、バレイダンサー(一人は山梨県出身の望月美穂さん)の繊細な演技に見とれました。演技の合間に、バレイの基本動作や簡単な演技の実習もあり、来場者とダンサーが一体となり、たいへん盛り上がりました。
 私たちメンバーは、会場の設営や片付けの手伝いなど、たいしたことは出来ませんでしたが、疲労感よりも満足感いっぱいの一日でした。
 ポールラッシュ ドリーム プロジェクトは6/4(土)が最終日となりますが、最終の土、日で山梨から応援バスツアーも企画されています。希望の方はまだ空きがあるそうです。ぜひどうぞ。※下記までお問い合わせください。

被災地支援&交流ツアーへの参加のお誘い

                  記
◆名称;「被災地支援&交流ツアー」
◆日時;2011年6月4日(土)5日(日)
◆場所;福島県いわき市錦町細谷102-58(清里フィールドバレイ公演地)
    南の森スポーツパーク0246-62-9111
◆宿泊、交流会場;福島県内(交渉中)
◆参加募集人員;40名
◆参加費用;2万円前後(概算)参加人数により変わります。
   (概算;40人乗り大型バス代20万+高速代5万。宿泊代1万)
◆スケジュール(案)
6月4日(土)
 5:00   集合 ※集合場所(県内検討中)
 5:30   出発
12:00  現地到着(各自昼食後、支援活動) 
15:00  フィールドバレー開演
16:30      〃    及び支援活動終了  
17:00  宿泊、交流会場へ移動
19:00      〃      到着
  交流会開催:地元で活動中のNPOメンバーとの大交流夕食会
  NPO「PLUCK」は、行政に頼らず自分たちから”まちづくり”をはじめること
  を掲げて集まったメンバーです。山梨も負けずに熱く語り明かしましょう!
    ※ 元気のエネルギー注入ミニサプライズ計画中           
6月5日(日)
 9:00   支援活動     開始
      NPO「PLUCK」のナビで避難所慰問があります。
12:00    〃        終了    
13:00   帰路 山梨へ
21:00   山梨着      解散
◆特記事項
持ち物  2日間過ごせる装備。   作業できる装備
保険   ボランティア保険加入お願いします。各自必要と思われる保険


平成23年 6月 事務局会議議事録

平成23年6月14日(火)19時~   於 花水木  参加者13名
議題
○10周年事業について
 ・記念式典について
  平成23年7月31日(日) 受付15時~ 式典15時30分~ 懇親会17時~
  会場:ブライダルビレッジ ティンカーベル  
      中巨摩郡昭和町西条2432  ?055-268-5122
  会費:平成22年度会費 納入済の塾生5,000円
                  未納入の塾生6,000円
                  一般の参加者5,000円
  式典:懇親会(着席飲食あり)・参加記念品(10周年記念誌)代が含まれます。
 ・記念紙について
  夢甲斐塾10周年記念誌部会を開催します。
  第1回 平成23年6月19日(日)8:00~10:00 花水木
  第2回 平成23年6月25日(土)8:00~10:00 花水木
  第3回 平成23年6月30日(木)19:30~21:30 花水木
  ご協力お願いいたします。

○募集委員会から
   入塾説明会 6月17日(金)18:30~ 甲府市総合市民会館 大会議室  

○出発式、入塾式について
 7月18日(日) 出発式 8:30 甘利山山頂にて(登り口集合)
          入塾式 13:00 東京エレクトロン韮崎文化ホール会議室にて

○規約、細則について
 規約について、内容確認を行いました。
 会費について、以下の細則を設けます。
(会費)会費について、次のように定める。
 1.平成23年度の年会費は12,000円とする。
  なお、平成23年度入塾生(11期生)は、10,000円とし、
  入塾時に徴収する入会金10,000円を年会費として充当する。
 2.学生など、本人の申し出により事務局会議の承認を経た者は、年会費8,000円とする。
 3.納入方法は、現金および口座振込による。口座振込の場合は、次に口座に振り込む。
  会費振込口座:山梨中央銀行 武田通支店 普通 775504 ユメカイジュク
4.会費の納付期限は平成23年12月末日を期限とする。

○11期生研修期間の対応について
 前回事務局会議の内容を確認しました。
 11期生担当と11期事務局担当で詳細を詰めていきます。

○11期事務局体制について
 次のとおり話し合われました。未定箇所について、今後も打診を続けていきます。
 各期の連絡係りにつきましては、10期連絡係りから変更があればご連絡ください。
 代表   ・・・ 真壁俊之(7期)
 副代表  ・・・ 未定(9期より選出)
 事務局長 ・・・ 佐野吉彦(8期)
 会計   ・・・ 清水康邦(3期) 厚芝好美(6期)
 会計監査 ・・・ 未定
 事務局次長・・・ 柴田雅央(7期) 丸山浩(9期) 稲葉裕一(10期) 三枝数也(10期)
 広報   ・・・ 中川徳子(8期) 田中忠(10期)  
 11期生担当・・・ 入倉要(8期) 他3名(未定1名、10期生より2名)  
 情報管理 ・・・ 矢島孝浩(2期) 多賀恵子(5期) 加藤愛子(5期) 雨宮誠(6期)
 歴代代表 ・・・ 白倉信司(1期) 長谷川正一郎(2期) 矢島孝浩(2期) 
 清水康邦(3期) 厚芝好美(6期)
 各期連絡係・・・各期より2名 

 活動しているグループ
  駅前掃除、信玄公祭り、餅つき、農園、地域おこし交流広場、夢甲斐カフェ、論語、
  郷育フォーラム、箸づくり、紙芝居、一日一語

○その他
  郷育フォーラムについて、塾の窓口を小倉さん(8期)が行います。
  PR共有名簿を配布します。配布方法は本メーリングリストを中心に配布します。
  10期生を全体メールに招待をいたします。

○次回の事務局会議は7月5日(火)の総会終了後に行います。

支援活動

夢甲斐塾のメンバーが福島へ支援活動に行きました。

以下入倉さんの報告のコピペです。


6月1日(水)地元の夢甲斐塾の仲間5人で、福島県相馬郡新地町の新地総合体育館に支援活動に日帰りで行ってきました。

朝4時台に甲府を出発し、約7時間弱の道中(休憩3回)でした。

東北道は福島に入る頃から、道路の段差や波打ちがあり、速度を出しているとかなりの衝撃がありました。(5人乗りで車体が重かったこともある)また、あたりの風景も、ブルーシートで応急処置をしている家屋が目立ち、いまだ地震の爪痕が感じられました。

あまり東北道を走ることがないので、震災前との比較は出来ませんが、栃木県・福島県・宮城県は車の数が少なく、予定よりも1時間以上早く現地に到着しました。
 早めについたので、会場である新地総合体育館からすぐ(車で5分以内)の海岸部を見に行くと、そこには目を疑う光景が広がっていました。

二、三キロ四方何もない状態です。通常に生活を送っているエリアから道路一本(国道6号線)隔てると、そこは何もない状態が延々と続いていました。

元々畑だったところは、すでに重機が入り瓦礫が撤去されて泥地になっており、住宅があった場所は、今後の保障の問題で瓦礫の撤去が進んでいない、生々しい状況でした。自宅跡地に捜し物に来ている方に話を聞くと、手が付けられず困っているそうです。

また、この状況をぜひ直接見て欲しい。そして政府に対して迅速な対応を求める声を上げて欲しいという切実な思いを聞けました。
 阪神大震災の時に数ヶ月現地で復興に携わったことがあるメンバーも、この様子を見て、阪神大震災とは比較にならない、想像を絶する惨状だ、と驚きを隠せない様子でした。
 あとで、役所の方に話を聞くと、この地域で行方不明者をあわせると110名以上の方がお亡くなりになっているそうです。
 私の感想としては、ぜひ、多くの方に現地に行って、現状を見てもらいたいと思います。惨状を目に焼き付け、被災地をはじめ日本復興の原動力となるべく、何か出来ること、しなければならないことを考え、行動することが重要だと感じました。
※写真も一緒に見てください。http://ameblo.jp/yumekai8/entry-10910947463.html#main 












10期生・ランニング&呼吸教室の報告

6/12(日)は10期生によるランニング&呼吸教室がありました。
わたくし中川も第一回目を参加させて頂いて、
マイペースで牧丘の山を走っております。
歩いていた時よりもぐっと体に力がみなぎって一日を過ごす事が出来ます。
痩せないのがなんでという感じですが続けるぞぉ!

今回は牛田さんの報告をコピペさせて頂きます。
牛田さん」ありがとうございます。


こんにちは牛田です。

ランニング&呼吸教室 皆様のおかげで沢山の方に参加いただきました。
紹介の紹介の紹介などまったく面識の無い方にも参加いただき、
夢甲斐塾のパワーを感じました。遠くは名古屋からの参加の方もいました。

参加された方からいただいたアンケートの回答の一部を紹介します。

Q:私はランニングをすることで、○○な気分になった。
この問いに対していただいたのが・・・

*爽快な気分
*すっきりする
*楽しい・・・ 外を自由に走ることで「開放感」が得られる
*お祭りみたいな楽しさ
*森林の中で大きく深呼吸している感じ!!
*心地良い疲労感
*風が気持ちよい
*体がほぐれて気分がとてもよくなる。
*快適でパワフルな生活になり楽しい気分になった。
*毎日が楽しくなる
*毒素を出し切った感じ
*身が軽くなった軽快な感じ
*新しい力を手に入れている気分
*やりとげた気分
*二日酔いがスッキリした
*すっきりしてさわやかな
*やりきった爽快感
*自分の体が軽~い
*外の空気に触れることで気分がスッキリする
*仕事などをすることも楽しくなりそう
*年齢を感じることができる気分

他の質問についての答えもネガティブなものが一切無くすべて前向きな回答ばかり
ランニングパワー恐るべし・・・


次回告知
次回は7月30日(土曜日)
甲府市内にて9時30~午前中
45kg減量されたダイキチさんの体験談&走る会をしたいと思います。

5月15日 10期生例会

5月15日
石和のアリア・デ・フィレンツェで10期生の例会に参加させて頂きました。
内容は「未来の生活の提案」というテーマに沿った各チームの活動発表です。

チームは全部で6つ。
・夢甲斐塾戦略室
・教育チーム
・環境チーム
・食チーム
・伝統文化チーム
・医療チーム

卒塾は7月です。
一年間の集大成の発表という趣が有り、
どのチームも完成度の高い発表をしていました。

スライドを使ったチームも多く、見ごたえが有りました。
中古のソーラーパネルでバッテリーを充電する格安のシステムの提案や、
野菜を手軽に取れるスムージーの実演と試飲等など
震災後の日本が変わらなければならないであろうそれぞれの提案はとても考えさせられました。

二部の上甲先生の講話では、「地産地消」や「環境」等を毎年テーマにしてきた夢甲斐塾も、
地震後「それで良かったんだな」と思える世の中になったと有りました。
・救援物資は「勇気とやる気」
・被災地で何も売るものが無くなった。これからの商売は「理念」を売る
・小さな実践が大きな変化を生む
等のお話を頂きました。

今回は11期生募集に向けた公開例会。
募集委員会の9期生の方が懇親会でおいしいおにぎりを用意してくれました。
とっても美味しかったです。ごちそう様でした。
11期生は現在大募集中です!!
8期・中川でした~。

10期の活動

今年は10期生。
活動はこちらで見られます。http://www.youtube.com/watch?v=IWAXpHbdwd8

6/17 18:30~11期生入塾説明会

6/17に入塾説明会が有ります。
ちょこっとだけでも興味が有りましたら是非いらしてください。
もちろん無理な勧誘などいたしませんのでご安心を!

◆入塾説明会
日時:6/17(金) 18:30~受付開始
        19:00~開会
会場:甲府市総合市民会館 大会議室
(甲府市青沼3-5-44)


◆懇親会
日時:6/17(金) 21:30~
会場:つぼ八 甲府東店
   (甲府市国玉町885-10)
会費:未定

内容:

18:30   受付開始     この間10期生の活動を記録したビデオを流す
19:00  開会挨拶(司会  近藤・紺野)     ・ 塾生代表挨拶  厚芝さん
19:10  10期生活動報告
19:25   9期生紙芝居(エルトゥルル号)
19:45   塾生活動報告      ・箸つくり( ? )・夢甲斐カフェ(千野さん)・郷育F(柴田さん)
20:00  11期生候補者自己紹介20:20  事務局及び募集委員会より説明・事務局(佐野さん)・募集委員会(町田き)
20:30  お茶会準備
20:40  お茶会開始  塾生は10分を目安に席変え
20:10  募集委員会より再度入塾説明(樋川)
21:15  入塾を決めた方は申込書に記入し提出して頂く21:20  閉会  片付け
片づけが終わり次第懇親会  

山梨県のHPにも募集が出ています
http://www.pref.yamanashi.jp/shinchaku/shoukosomu/2305/shouko-kik09.html

先日の5/15の例会の様子はこちらhttp://www.youtube.com
/watch?v=IWAXpHbdwd8
プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。