スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志高く出る杭になる

こんばんは!中川です。
天気予報によるとこの暑さも明日位までの様です。
去年に比べると、朝晩は涼しかったかなぁ。
虫が少ないのが助かりましたが、
あまりに少なく不気味です。
牧丘はクーラー知らずです。
皆引っ越してきませんか~?

11期生のリーダーせいちゃんのブログです。

以下コピペです。



みなさま、

こんばんは。

コンディショニングスタジオKAICON代表、

セイちゃんこと、間宮芳生です。



夢甲斐塾に入って早1ヶ月が経とうしています。



「志高く出る杭になる」



がスローガンの夢甲斐塾、



他人様からすると

さぞ腕ブンブン振り回して「カモン!カモン!」と攻撃的な人間の集まった集団

と思っていらっしゃる人も多いかもしれませんが

それは大きな誤解です。



では「出る杭」ってどんな人?

それは、先日塾長が11期生向けに送ってくださった

志ネットワークの「デイリーメッセージ」に添えられていた、

11期生13名に宛てた手紙の中にありました。

その部分を抜粋します。



『夢甲斐塾』は、山梨をより良くしたいと願う人たちの研鑽の場です。山梨を良くする第一歩は、自分を良くすることです。山梨県民の一人である私が良くなければ、それだけで、山梨は八十万分の一良くなったのです。もしそれが、十三人全員にあてはまるとしたら、十一期生の十三人が、より良い存在になったら、山梨は七万の一分、より良くなります。地域を良くしていくためには、まず自らを良くし、それをさらに身近なところから徐々に広げていくしか始めようがないのです。




また、上甲塾長は、



「継続こそ、本気の証明」



「自分を良くする第一歩は、人に迷惑をかけない、願わくば、少しでも人の役に立てるようにすること」



と常に説いています。




では、

「出る杭になる人」になるためにはまず何からやって行くべきか?

自分なりに解釈したものは書いてみます。



「出る杭になる人」とは、



1.人様に迷惑をかけず常に自分を良くしようとする人

2.その良さを広げていくための行動をする人

3.その行動を継続して行う人



この3つを基本としている人。




「夢甲斐塾」は

勇ましい武闘派集団ではありません。

たくましい人間の集まりです。



この1年を通してまず塾の理念をしっかり叩き込んでいこうと思います。

その様子はブログで報告していきますね。




セイちゃん
スポンサーサイト

夢甲斐カフェ・コーチング編

熱いお盆に突入しましたね~。
とは言え今年は蚊も蛾も昆虫も少ない気がします。
地震の影響なのでしょうか??


8/7の夢甲斐カフェ・多賀さんのコーチングカフェの報告です。
千野涼子さんから頂きました。
以下コピペです



コーチングカフェには、20人の方に参加頂きました。ありがとうございました。

講師の多賀さんには、資料も用意して頂き、お茶とお菓子の差し入れまで頂きました。

コーチングをほとんど知らない人ばかりでしたが、二人一組で実践しながら、

コーチングがどんなものか、聞いてもらうとどんなメリットがあるのか、質問力など…笑いをまじえて、

わかりやすく教えて頂きました。

職場や、家族間、親子の関係でも、活かせれば、応援しあえるいい関係が築けそうですね!

多賀さん、ありがとうございました。



懇親会も16人集まり、近況報告をしました。以前やっていた読書会の話などが出て、

また、復活させて~!という声が出ていましたね。



今回の企画から、運営まで5期の加藤さんにご協力頂きました。本当にありがとうございました。




記:8期中川

11期第2回研修例会

8期入倉さんより
ありがとうございます


2011.08.09 19:15~22:00 小瀬武道館会議室
「知り合う」というテーマで11期第2回研修例会を開催しました。
11期生は仕事の都合で欠席となった湊一茂くんを除く12名が出席し、先輩塾生も20名以上が参加し、盛り上がった会となりました。例会としては「山梨のことをもっと知ろう」をコンセプトに真壁俊之代表のスピーチがあり、続いて夢甲斐塾のことを知ってもらおうという趣旨で、8期の中川徳子さんから現在継続されている活動(マイ箸づくり)が、どのようにスタートし、どのように活動しているのかの紹介や、10期生の三枝数也リーダーから、「リーダーを引き受けて」という話がされました。その後、11期生による他者紹介(本人が言いにくい良い点を発表し合う)と続き、11期生ミーティングでは11期のリーダーをはじめ下記記載のことがスムーズに決まりました。
次回の例会は8月23日(日)19:30~22:00 小瀬武道館会議室となります。次回も多くの方の参加をお待ちしています。

◆決定事項◆
11期リーダー&連絡係 間宮芳生(まみやほうせい)
塾長係        荒井弓(あらいゆみ)
市民フェスタ主    窪田智子(くぼたともこ)
市民フェスタサブ   小俣勲(おまたいさお)
連絡係        藤松尚子(ふじまつなおこ)
 会計係       削除
◆今後の塾長例会日時◆
2011年9月26日(月)19:30~
2011年11月2日(水)
2011年12月は、25日(日)か26日(月)に、清里で、徹底的に話し合う会。
※会場(萌木の村さん)と調整の上、日程決定。
2012年2月26日(日)
2012年3月25日(日)~26日(月)25日を基本とした合宿研修。


◇11期生ミーティング◇

削除


◇11期生集合写真◇

削除


◇参加者集合写真◇

削除



平成23年 8月 事務局会議議事録

平成23年8月4日(木)19時~   於 花水木 参加者15名

議題
○規約細則について
・会費について
 (会費)会費について、次のように定める。
 1.平成23年度の年会費は12,000円とする。
 なお、平成23年度入塾生(11期生)は、10,000円とし、入塾時に徴収する入会金10,000円を年会費として充当する。
 2.本人の申し出により事務局会議の承認を経た者は、年会費8,000円とする。例えば、学生、家計を一にする親族(1親等)の二人目など。
 3.納入方法は、現金および口座振込による。口座振込の場合は、次に口座に振り込む。現金の場合は、会計または事務局長に届ける。
 会費振込口座:山梨中央銀行 武田通支店 
 普通 775504 ユメカイジュク
 4.会費の納付期限は平成23年12月末日を期限とする。

・塾長補佐役について
 規約第10条2により、塾長補佐役を設ける。
 役割は、教育を矢島孝浩(2)、管理を清水康邦(3)、事業(活動)を入倉要(8)


○今期の課題について
 出発した塾生に塾への協力の意思確認及び連絡先確認を実施し、塾生の明確化を計り、活動に協力できるメンバーを把握し、どのような活動をしていくのか決めていくことに決しました。
 
 明確化の方法について、9月事務局会議で話し合い、決議する旨、決しました。
 叩き台を次に示します。
 ①出発した塾生に塾への協力の意思確認及び連絡先確認を実施し、塾生の明確化を計ります。
  ※次の選択(abc)をお願いする。
 a.塾生(正会員)として、年会費を納め総会での議決権を得て主体的に活動します。
 b.協力員(準会員)として、年間運営協力費5000円を納めるか、毎回寄付金1000円を支払って、参加可能な時は、例会を始め、各種会合やイベントに参加します。 
 c.休会員として、塾の活動からは一時離れます。
 (但し、例会や各種会合等に毎回寄付金@1000円を支払って参加できます)
 ☆他に、終身会員(終身塾生)制度→5年間正会員(塾生)として活動した方を終身会員 (年会費を納めず正会員の資格を有する。※寄付は大歓迎)とします。

 10周年宣言に基づいた三つの活動案については、次回事務局会議に事務局長がタイムテーブルを提示して、それをベースに話し合いを行っていくことを確認しました。
 

○役割分担について
 事務局次長の役割について、事務局長並びに事務局次長で別途話し合いを行うことに決しました。


○11期研修期間運営について
 担当より提案があり、概ね了承いたしました。
 原さんの例会内で話すのではなく、例会前に話していただくことになりました。
 知り合うことをベースに事務局でカリキュラム化しています。例会内の時間を削ることは趣旨に合わないと判断しました。但し、決死隊の申し出は、まさに「志」です。その一端を原さんからお聞きするのは、お互いのためになるため、例会前に設定しました。


○その他
 市民フェスタ(旧地域おこし交流広場)に11期生並びに塾生が参画する旨、確認しました。
 事務局の志民フェスタ担当は稲葉(10期)さんとなりました。
 郷育フォーラム担当より、協賛のお願いがありました。出来る限り協力をお願いいたします。

○次回事務局会議は、9月14日(水)19時から花水木で行います。

8/5朝日新聞に掲載の上甲先生の記事です

「政局よりも幸之助の志を」

上甲先生・新聞記事


8期:中川

tag : 上甲塾長

旧規約細則(会計) 2011.08.04

(会費)会費について、次のように定める。
 1.平成23年度の年会費は12,000円とする。
   なお、平成23年度入塾生(11期生)は、10,000円とし、
   入塾時に徴収する入会金10,000円を年会費として充当する。
 
 2.本人の申し出により事務局会議の承認を経た者は、年会費8,000円とする。
   例えば、学生、家計を一にする親族(1親等)の二人目など。
 
 3.納入方法は、現金および口座振込による。
   口座振込の場合は、次に口座に振り込む。現金の場合は、会計または事務局長に届ける。
   会費振込口座:山梨中央銀行 武田通支店 
            普通 775504 ユメカイジュク
 
 4.会費の納付期限は平成23年12月末日を期限とする。

10周年記念事・立役者

そしてなんと言っても10周年記念事業の立役者入倉さん。

スーパーマンですね。

同じ8期ですが、
8期研修生の頃から同じエネルギーを注いでいます。
皆を動かすに誰かが何倍もの熱い思いでやらなければいけないと言っていたのを聞いた事が有るな~
(メモメモ)

その姿勢にすごく学ばせて頂いています。
すごーく愛されている気がします。(あ!夢甲斐塾がね!)

IMG_1336-s.jpg
懇親会最後の言葉は最高でした。

「皆さん何か聞こえませんか?私には出る杭の音が聞こえます」
(メモメモ)


こ!これは絶対ブログにっ書かなければ!!と思いました。


あ!ここまでの記事は8期中川でした!<

10旬年記念式典・懇親会2

それでは写真で報告行ってみよ~!

IMG_1332-s.jpg
夢甲斐歌姫10期あゆみさん。素晴らしい声です。素敵です。


IMG_1329-s.jpg
お料理も美味しいね!と皆ニコニコ。

IMG_1335-s.jpg
チャリティーオークション。義援金として山梨福島県人会さんに寄付させて頂きました。
右は若き代表の真壁さんです。
山梨福島県人会の折笠会長にもご足労頂きました。
上甲先生の話は良いですね~と言って頂きました。

IMG_1333-s.jpg




IMG_1334-s.jpg

手を繋いで輪になって、「ふるさと」合唱。
皆嫌がるかと思いきや、積極的に手を繋いで楽しそう!!
絆繋げたかな?

10周年記念式典の懇親会

10周年記念式典の後は懇親会です。

8期和田さんのJazzBandで始まります。
それにしても豪華!

IMG_1315-s_20110803222217.jpg
和田さんかっこ良い!

式典会場から懇親会会場に移動する間も皆の会話に花が咲いているのが分かりました。
IMG_1317-s_20110803222407.jpg

懇親会で流れた映像はこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=YZyimwPembE



作った方はこちら↓
7期の横山さんと前田さん。

式典の映像も含めて大変だったと思います。
映像が凄く良かったので式典も懇親会も良かったんだよという声を沢山聞きました。
ありがとうございます。
IMG_1320-s_20110803222504.jpg

なんだか幸せそうです。

会場のあちこちで始まったお酌や名刺交換。
会話のざわめき、笑った顔。
ずっと抱っこを満喫している赤ちゃんや椅子を並べて寝付く子。

食べて、飲んで、聞いて、
贅沢なひと時でした。

なんと言ってもこの日一番おいしかったのは上甲先生の奥様手作りのパウンドケーキ。
しっとりふわふわで上品な甘さ。

記憶に残る美味しさでした。
あのパウンドケーキが作れれば、相当困りません。
今度是非教えて頂きたいです。

11期生の募集は締め切りました。

11期生の募集は締め切りました。

12期生の募集は、平成24年春頃からになります。

                       事務局

10周年記念式典

Scan0007.jpg


こんばんは!8期中川です。7/31の10周年記念式典はお疲れ様でした。

100名近くの参加者が有った事に熱くなる思いがいたします。
なかなか準備段階では参加表明が少なかった事が有ります。

式典で流された映像はこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=_MBqGgR5N_c

出る杭活動報告

2期の長谷川さんは日本で一番高く梅干しを買う企業を目指している。
それが地域に貢献することだと考えている事。

7期の河西さんは
皆が同じ星を見て繋がっている事を伝えたいという思いで被災地支援活動等を行っている事。

2期の仙洞田さんは
10年続いている毎週金曜日の甲府駅前清掃で得た効用
・100個のゴミ拾いで100回ストレッチ
・未来の徳になるというお声を聞いた
・飽きっぽい性格が癖になる事で続けられた

それぞれの活動と思いを語って頂きました。

上甲先生のメッセージ。
10周年の歴史の中で県の事業としては3年で終了した時から続いてきたのは塾生の自立心と努力のおかげ。
何もかも用意してくれた3年間から自主運営になってから自習自得になった。
何より会費という形で身銭を切らなければいけなくなった。
色々な意見が有ったが
松下政経塾で塾生が松下電器からの援助が一切無いと分かった時、初めて自習自得・自立へ向かった。
何かを学ぶなら身銭を切らなければならない。
これからの10年は夢甲斐塾が言いだしっぺになって新しい山梨を切り開く活動をしていく。
夢甲斐塾で学んだ全ての人に改めて参加して欲しい。

tag : 上甲塾長

プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。