スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【7期生】第8回 武田の史跡めぐり 信濃上田編

第8回 武田の史跡めぐり 信濃上田編

2,008年6月15日(日曜日)

今回は、長野県上田市まで遠征史跡めぐりです。

参加者は、
斉藤さん、斉藤さんの娘2人、堀内さん、真壁さん、浅川さん、柴田でした。

8時30分に集合し、途中で峡北組と長坂バス停留所で合流し諏訪経由で上田市に向かいました。

・上田城

真田十勇士


上田城の前で記念写真
上田城といえば真田!
気分は真田十勇士です。
でも、ほとんどが30歳代です。

上田城では、大手門の中と、別棟にある真田の資料館をじっくりと見学。
みんな熱心に勉強していました。

真田神社御朱印


上田城内に真田神社がありまして、参拝してきました。
ここでは御朱印をいただきました。
御朱印を眺めているとありがたい気持ちになります。

・砥石城


午後は砥石城へ
ここで砥石城の御勉強を少しだけ
 

戸石城は、あの信玄が人生最大の敗北を喫した「戸石崩れ」の場所として有名です。
力攻めに及ぶこと一ヶ月、神川の断崖に面し「砥石」のように鋭く切り立った戸石城は全く陥ちる気配もなく、ここで信玄はやむなく撤退を決意するのですが、村上義清本隊の激しい追撃を受けます。
世に言う「戸石崩れ」とはこの退却戦での惨敗を指し、力攻めの失敗、というよりも「進退の時期を間違えた用兵ミス」が損害を大きくしてしまったのでしょう。
ところが!そのわずか数ヵ月後、驚くべき事態が発生します。知謀の将、真田幸隆によって戸石城は乗っ取られた、というのです。この地に多くの縁故を持つ幸隆の調略・説得が功を奏したのは間違いないでしょう。


というわけで、現地現場で学ぶということで
実際に砥石城へ上ってみました!

ふもとから登ること30分
恐怖を感じるほどの急勾配
ロープ無しでは登れないところもあります。
これでは、さすがの信玄も攻め切れなかった訳が実感できます。
現場での肌に感じる学びですね

そして、頂上についてみると

頂上2

いい眺めで、なんとも言えない爽快感です。


頂上


下りは少しばかり余裕がありましたので
写真を撮りました。

下山1

下山2

下山3

下山4


みんな顔が本気です。

このように辛い経験を共有するのって、一体感が生まれてよかったですね。

今回いけなかった方からも、行きたいとのリクエストがありますので
ぜひ、次の機会は行きましょう!
スポンサーサイト
プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6479位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。