スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回3月例会「箱根会議」

■第8回3月例会「箱根会議」(レポート相澤正子)

□日時:2009年3月15日(日)7:30~21:00
□会場:仙石原文化センター他
~07:30 集合出発(アピオ甲府 南東駐車場→ブルーアースの南側駐車場)
07:30~10:30 移動(甲府→箱根仙石原文化センター)
※吉田の道の駅で勝俣090-3097-2093乗車
11:00~12:00 「青年塾」出発式に参加 (旧仙石原中学校)
12:00~13:00 昼食(仙石原文化センター2階)
13:15~18:00 「日本、この手で何とかする」箱根会議(仙石原文化センター)
18:10~18:25 夢甲斐塾セレモニー&記念撮影(箱根会議の会場 舞台近くに集合)
18:30~21:30 移動(箱根→甲府)途中サービスエリアで簡単な夕食(各自精算)

□参加者:(相澤正子・井上祐宏・入倉 要・奥秋浩一・小倉 尚・勝俣陽介・家苗浩明・上条 信・国広宣子・窪田あつ子・桑原浩二・三枝たかし・酒井智彦・佐野吉彦・田端成治・中川徳子・西田延康・野中浩二・早川慎也・古屋きよ子・堀内美希・前田えみ子・宮崎みどり・望月亜矢子・和田幸士)白倉信司・矢島孝浩・仙洞田茂・清水康邦・石川聡・加藤愛子・雨宮 誠・厚芝好美・渡辺知彦・柴田雅央・泉 隆・泉 弘恵・多賀恵子・神山裕仁・斉藤津多子・堀内 修・河西あゆみ・中澤勝子・島津光一・廣瀬光寛・野沢真砂子・小池孝治

★内容報告 箱根会議に参加して(相澤正子)
国民に生きる勇気と希望と誇りを与える政治の実現、新しい国づくりの為の決起。
命をキーワードに掲げ、命を生かす国家百年の計を中心テーマとして展開された箱根会議の幕は切って落とされた。
私達、山梨夢甲斐塾総勢40名は上甲先生の人生を賭けた志、強い覚悟、熱い思いを応援せんと全員の志メッセージを携えて白く輝く富士に見送られ箱根へ向かった。
会場に向かう車内で発表しあった「グッド&ニュー」は、ほほえましい、人間らしいよろこびと箱根への期待が相楽して車内の空気はオレンジ色に膨れ上がっていた。
午前中は青年塾の出発式に参加し、本会場へと移動した。定員700名という仙石原文化センターが狭く感じられる程に参加者があふれ、会場は熱気に包まれ先生はドアのところで迎えてくださった。
いよいよ箱根会議である。
先生はその頬を染め、日本丸の危機を救わんとする心の中から突き上げる強い想いが耳鳴りとなって背中を押し、この会が実現できたとそのよろこびを語られた。
食や農業の生きる根源、命についての論客の訴え、政治の現状への挑戦、新しい風を起こさんとする若き政治家たちの熱い想いが会場に風を起こし感動のるつぼに巻き込まれた。
各先生方はまるで心を見失ってしまったかの様な今の日本の現状に対して心の教育、誇りを捨てさせられたアメリカの占領政策によるものではないかと語られた。

・食生活の欧米化による心身の弱体化・・・まず、有機栽培による個人の食糧自給率を高めることから始めよう。「食事は愛を食べること」「人はその愛を食べて成長する」
・大豆百粒運動・・・この愛の活動により自分の心を耕そう。
・歴史を知ることにより子々孫々の流れの中で生かされていることに気づく、感謝する、まずそこから出発。これが国づくりの礎となると説かれた。
・政治を変えるのはその根幹の人間論を持つ信念に基づく政治家と志ある国民、選挙民である、と話された。

帰りのバスの中でも、その興奮冷めやらず、すばらしい音楽会へ行った後のようにその余韻が心の中に鳴り響きやまない箱根会議であった。帰りの車中、全員でその感動を発表しあい帰路についた。
こんなに充実した一日はかつてなかったと上甲先生への感謝でいっぱいである。

2009-03-15-01-kuwabara.jpg
青年塾出発式。厳粛な雰囲気に圧倒された

2009_03_15_02_kuwabara.jpg
いよいよ箱根会議。熱のこもった塾長の話

2009_03_15_03_kuwabara.jpg
終了後に山梨から集まった面々が集合して記念撮影。皆さんいい顔しています!
スポンサーサイト

テーマ : 山梨県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5433位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。