スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急法基礎講習会

実施内容:救急法基礎講習「救急法について、一次救命処置」の
学科と実技(心肺蘇生法、AEDの使い方 等)

講 師 : 佐野尚子 さん(夢甲斐塾3期生 山梨県拡大写本赤十字奉仕団
                福祉を考える会山梨代表
                日本赤十字社山梨県支部救急法ボランティア指導員
                山梨県要約筆記奉仕員)

日 時 : 平成21年4月26日(日) PM12:00~PM17:00

場 所  : 中巨摩郡昭和町 彩の広場 多目的室2

人 数 : 講師1名 塾生10名

費 用 : 一人に付き 1500円 (教本・資材費)

持 ち 物 : 筆記用具 動きやすい服装(ズボン) 

交付される証 : 全課程修了者に受講証(救急法基礎講習受講者)
           検定合格者に認定証(赤十字基礎講習修了者認定証)

主 催 : 街づくり・福祉委員会 + 金丸

以前から告知していた救急法基礎講習会をやっと開催することができました。

最初は私の、『みんなと共に学びたい』から始まり
企画から約1年半以上もの熟成期間と、救急法の前の学習として
防災法を学んでからの運びとなりました。

この間、7期生は出発式を迎え、新たに8期生のみなさんが入塾され
救急法講師の佐野さん、防災法講師の山下さんとの出会いもありました。
そんな出会いに感謝しつつ、今回の講習を開催しました。




2009_4_26_001

3期生で救急法講師でもいらっしゃる、佐野尚子さんに講師をお願いしました。
講習を受ける側にたった説明でとてもわかりやすかったです。



2009_4_26_002

まずは塾生自らが救急法講習の準備をします。



2009_4_26_003

準備が終わったら講習会スタートです。
最初は学科から学びました。


2009_4_26_004

学科が終わるといよいよ実技です。

これは傷病者(人形)の意識を確認しているところ。
まずは安全確認や傷病者の様子を確認することから始まります。


2009_4_26_005

これは心肺蘇生法の中の一つ、呼吸を取り戻すために
気道の確保や息を吹き込む作業をしています。


2009_4_26_006

次に学んだのが心肺蘇生法の心臓マッサージです。
みんな本当に真剣に取り組んでいました。


2009_4_26_007

心臓マッサージのほかにも、最近では学校や様々な施設で見かけることがある
AED(自動体外式除細動器)の使い方を学びました。


この後簡単な実技と学科の試験を行いました。


2009_4_26_008


すべてが終わったら全員で片づけを行いました。



講習の間中、みんな真剣に佐野さんのお話に耳を傾けていました。
実技も学科も学びたいというみんなの気持ちがとてもよく感じられました。
最初は私も難しい、敷居が高いと思って敬遠していたこういったことも
いざ学んでみると、自分たちにとってとても大切なことだと実感し、
みんなと共に学べたのでとても楽しく講習を受けることができました。
講師の佐野さん、参加してくださったみなさん
本当にありがとうございました。


また来年度もこいういった講習会を開催できたらと思っていますので
興味のあるかた、今回参加できなかったみなさんもよろしくお願いいたします。




撮 影 : 6期生 雨宮さん

記 事 : 7期生 金丸


スポンサーサイト
プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3719位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。