スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年2月 事務局会議議事録

平成23年2月21日(月)19時30分 於 花水木 参加者18名

議題
○11期生募集について
 ▽日程
  公開例会 5/15(日)18時から 於 ヴィラ・エステリオ・サンタリア 
  入塾説明会 6/17(金)18時30分から 於 甲府市総合市民会館 大会議室
  出発式・入塾式 7/17(日)18(月)
 
 ▽募集チラシ
  募集委員会より、募集チラシの案が提示されました。
  年会費のこと、志の作文を入塾式までに提出すること、
  出発式後のことを文章で表す等の要望を伝えました。
  3月3日に募集委員会で最終構成を行い、印刷となります。
 
 ▽研修カリキュラム
  事務局長より、11期研修生の年次計画案を提出いたしました。
  ・塾長講話による座学。
   但し、塾長不在の際には、
   事務局が塾生並びに塾にゆかりのある方から講師を選択して座学を行うこと。
  ・自修自得による研修期間を過すこと。
  ・月に一度例会を開催すること。
  を確認いたしました。

  また、入塾式後に、事務局が塾の説明を行うことに決まりました。
  説明内容は、事務局長が次回事務局会議に説明内容案を提出し、
  検討することになりました。

 ▽11期生の受入時に際して
  ・塾生と研修生とのコミュニケーションをとる機会の創出を図ること
  ・「11期生お世話役」から「11期生担当」と表現すること
  ・11期生初回例会のみ、11期生担当がサポートして開催すること
  を事務局内で確認し、決定しました。

  なお、案として
  「不便、不自由、不親切」を色紙等へ塾長に書していただき掲げておく。
  初期の頃の、塾長講話のビデオを見てもらう。
  などの意見が出ました。

 ▽その他
  従来どおり、塾長との連絡は研修生の中から連絡係りを一人定めること。
  塾生の動きが塾長に伝わっていないことを鑑み、
  事務局会議の議事録を塾長宛にお送りすることに致しました。


○10周年事業について
 ▽記念式典
  記念式典を7月31日(日)夕方から開催いたします。
  記念式典について、次回事務局会議までに
  家苗記念式典部会長に素案を出していただくことに決まりました。
  
  現時点では、しっかりとした式典とアットホームな部分の2部構成なイメージ。
  演奏したい、お茶をたてたい、お料理を出したいと
  立候補いただいている方がいらっしゃるとのことです。

 ▽記念紙
  雨宮記念紙部会長より、ページ案が提出されました。
  1~10期の活動を所定のフォーマットに、
  各期の連絡係がそれぞれの活動をまとめて構成を行い、
  記念紙部会に戻してもらうことに決定しました。
  
  名簿について、顔写真または似顔絵、氏名、勤務先、生年等を載せることに決しました。
  各人への記載の確認、記載内容については、記念紙部会で再度検討した上で、
  活動者名簿作成担当の多賀さん(5期)、加藤さん(5期)が収集しますので、
  各期の連絡係り、並びに塾生の皆様、ご協力ください。

  他には、塾長メッセージ、代表メッセージ(歴代にするか検討)、
  塾生メッセージ、委員会活動報告、
  応援メッセージ(天野とき様、篠原様、舟木様、塾長奥様)、
  夢甲斐塾のこれから、過去のデータが盛り込まれる計画です。

  7月31日記念式典には、配布する計画です。
  依頼された文章等の期限は4月下旬となりますので、ご協力のほどお願いいたします。


○小さな実践について
  全部で24の実践を提出いただきました。ありがとうございました。
  ここに挙げていただいた24の実践は、
  提案者がこの指止まれと中心になって、実践を続けられていくことにより、
  大きく育っていくことと思います。

  すべてを塾として実践していきたいのですが、それもままなりません。
  「誰でも、いつでも、簡単にできる」の基準に照らしまして、
  以下の3つを塾生全員で行う実践とすることを決定いたしました。

 一、一日一個路上のゴミを拾い上げる。
   塾の開催するまた、参加するすべての例会、会議、イベントで
   ゴミは極力出さず、ゴミが出たとしても、分別して処分する。

 一、声かけ・挨拶
   孤独に陥りがちな現代に、塾生一人一人が日常生活の中で
   見ず知らずの方に優しい声かけをして行けば、大きく温かい輪が広がる。
   幼稚園、保育園で、しっかりとした挨拶の方法を教える。
   笑顔で大きな声で挨拶をする。
   見て見ぬふりをしない。

 一、箸作法を身につける  
   毎日の食事の箸使いを美しく使える様になる。
   家族にも伝えられる、授業でも広められる。
   姿勢が良くなる。感謝の気持ちを学ぶ。良く噛んで食べる。

  今後、三つの小さな実践を、継続して塾生が取組めるよう、事務局で工夫をします。
  提案者には、小さな実践から広がる夢。
  例えば「山梨へ行くといろんな人から声をかけてもらえて、
  心が温まる『あったかシティ山梨』になる」など、
  実践することで広がる世界を考えていただきたいとおもいます。
 
  また、塾生から三つの実践を広めていく提案など、いただきたいと思います。


○テーマを掲げた活動について
 ・塾としてひとつテーマを持って活動することについて
 ・塾長が話されたテーマ「いのち」について
  
  上記の二つについて、メーリングリストでご意見を伺い、
  会議内でも参加者のご意見を伺いました。
  テーマを持つこと、また「いのち」について、賛否の他、様々なご意見をいただきました。
  
 まとめまして
  ※夢甲斐塾として、普遍的なものは「志」である。
  ※塾生は、「志」を忘れずにこれからも歩んでいく。
  ※「志」があえば、おのずと大同団結していく。

  今後も、各人が志を胸に塾を出発した塾生として、歩んでいくことが第一義であることを確認しました。

  テーマとしてではなく、次の10年先をみた塾の展望を持つことが必要との意見がありました。
  キーワードとして、「継承」があがりました。
  次回事務局会議で、次の10年先を見据えた展望について、触れていきます。


○規約について
  時間がなくなったため、改正案を参加者にお渡しして、
  次回事務局会議にて議論することに致しました。

○その他
 ・情報発信と収集について
  担当者を募集しています。
  参加したイベントのブログ更新を行える方は随時手を挙げてください。

 ・地域おこし交流広場について
  県主催から、独自採算へ移行するため、塾の関わり方を見直す必要があります。  

 ・10期生より提案
  事務局に提案がありました。
  提案を受けて、10期生へ
   研修生が貴重な研修期間に、事務局運営を気にかけて、
   時間とエネルギーを使っていることが、非常にもったいない。
   
   事務局は塾生が運営し、期から期へバトンを渡しながら、
   より良い夢甲斐塾となるよう、改善しながら運営しています。
   出発式後に、好きなだけ事務局運営に関わることができるので、
   研修期間の今というときを大切に使ってください。


 ○ 3月の事務局会議は3月16日(水)19時00分から、昭和町 彩の広場において行います。


   事務局長 佐野吉彦(8期)


スポンサーサイト
プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5433位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。