スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年 7月 事務局会議議事録

平成23年7月3日(日)19時30分~   於 花水木  参加者11名
議題
○総会にて11期以降の10年を見据えて、今後の夢甲斐塾について、下の宣言を検討したい。
 以下の宣言文をを総会にかけることを確認しました。
 『私たち夢甲斐塾生は、たくましい「出る杭」となるために、夢甲斐塾を「学びの場」にとどまらず「行動・実践の場」として、塾生が志をつなげ(連携・協働をはかり)、新しい山梨の創造、日本再生の先駆けとなるべく行動を興します。』

○行動と実践に向けて、塾生のかかわりの部分について、検討したい。
 上の活動指針に基づいた取り組みについて、 次の3つについて、平成23年度事務局を中心に検討し、年度内に方向を示したいことを確認しました。
 議論の叩き台として、以下の提案内容を報告し、事務局会議等を通じて検討することを確認したい。なお、ウ.人材育成は、11期生研修対応をまとめており、それに基づき対応する。また、11期生対応の結果・検証を踏まえて12期生対応を検討する。
 ア.行動・実践の場に向けた、塾生の資格要件等について
 イ.新しい山梨の創造について
 ウ.人材育成

 ア.行動・実践の場に向けた、塾生の資格要件等について
  新しい10年を見据え、学びの場にとどまらず、行動・実践の場として塾生の連携と力の集約をはかるために、次の提案をします。
  ①出発した塾生に塾への協力の意思確認及び連絡先確認を実施し、塾生の明確化を計ります。
  ※次の選択(abc)をお願いする。
   a.塾生(正会員)として、年会費を納め総会での議決権を得て主体的に活動します。
   b.協力員(準会員)として、年間運営協力費5000円を納めるか、毎回寄付金1000円を支払って、参加可能な時は、例会を始め、各種会合やイベントに参加します。 
   c.休会員として、塾の活動からは一時離れます。
   (但し、例会や各種会合等に毎回寄付金@1000円を支払って参加できます)
   ☆他に、終身会員(終身塾生)制度→5年間正会員(塾生)として活動した方を終身会員(年会費を納めず正会員の資格を有する。※寄付は大歓迎)とします。
  ②メーリングリストの整備
  ③夢甲斐カフェを利用した情報の共有(ネットで動画配信)

 イ.新しい山梨の創造に向けて
  行動の実践の元となる夢甲斐塾の10年ビジョンを策定し、塾生の志をつなげテーマを決めて、行動を興します。
  ①甲斐塾の10年ビジョン(目指す新しい山梨の形)を策定する。(平成23年度中)
  ②塾生の出る杭活動の情報の共有
  ③動テーマを選定し、行動をおこす。

 ウ.人材育成
  これまでの夢甲斐塾は自習自得を基本とし、不便・不自由・不親切をモットーに、先輩塾生は極力関わりを持たない体制で来ましたが、11期以降は入塾後数ヶ月のカリキュラムをつくり「知りあう」「活かしあう」「創りあう」の流れでしっかりと関わることで、入塾生の成長を促すと共に自らも成長する場とする。
  当初例会は、事務局並びに11期生担当が運営に携わる。この間お互いを知ることに注力する。自己紹介など個人の発表の場を多く設けることで相互の理解を深め、信頼に結びつける努力をする。また、塾長例会以外の例会には出発した塾生が15分×2名の講話を行う。なお、この講話は例会の最後の30分を用いて行う。今年度は、塾生同士「知りあう」ことを重点に11期生の研修期間に事務局並びに11期生担当は関わり、「活かしあう」ような動きが現れるか検証する。

○総会資料の確認
  内容を確認し、適宜修正、加筆いたしました。
スポンサーサイト
プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。