スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『休まないことも、研修なり』

※志ネットワーク発行 「デイリーメッセージ平成20年8月号」より

『休まないことも、研修なり』  平成20年8月26日 6250号

 『夢甲斐塾』の八期生として、諸君と出会うことができたことに対して、心から感謝申し上げます。ぜひとも、この一年、お互いの人生にとって、得がたい“すばらしい思い出”となるように、精進しましょう。
 今年の入塾者は、二十四人です。これはかつてない多くの人数です。たくさんの諸君と出会えることは、大いにうれしいことであります。ただ一つだけ心配なことがあります。人数が多くなればなるほど、「私一人くらいは」といった、無責任な気持ちに陥りやすいことです。諸君の中で一人でも、「今年は、たくさんの塾生がいるから、私一人ぐらいは欠席しても大勢に影響ないだろう」といった気持ちを持つとすれば、そこから今年の学びの雰囲気は崩れていくことでしょう。
 私は、『夢甲斐塾』は、“高邁なる精神を養う場”であると思っています。世間の人達から、「『夢甲斐塾』に集う人達は、精神が違う。常にみんなのことを考えて、自らがいかにあるべきかを考えられる、高い精神の持ち主ばかりだ」と言われるようになるのが、一番の理想であり、目標です。
 そのためには、まず、身近なところから実践していくことです。私は、諸君が、『夢甲斐塾』に入ることを決めた以上は、それに伴う責任というものが生まれてくると思っています。「参加すると決めた限りは、万難を排して、とにかく出席しよう」と努力することが、そのままあなたの精神を高めていくことにつながっていくのです。
 時には、なかなか参加できにくい状況に陥ることもあるでしょう。しかし、「とにかく参加すると決めた限りは、どんなことがあっても行く責任がある」と腹をくくるならば、何とか都合をつけよう、あるいは、出られないならば出られないなりに、みんなに少しでも心配をかけないような手立てをしようと思うようになります。欠席するにしても、事務局に何の連絡もなければ、縁が切れていくような切なさを感じてしまいます。
 私は、デイリーメッセージを制作しています。これは、三百六十五日、一日も休まないようにしようと決めて、続けているものです。もう、六千二百五十号を超えました。その間、一日も休んでいません。時には、病気になったこともあれば、疲れてくたくたになった日もありました。休むための理由と口実など、無限にありました。それを越えてきたものは、自分自身への責任を果たしたいとの思いだけです。諸君もまた、「参加すると決めた限りは、続ける責任がある」と、まず腹を決めてください。『夢甲斐塾』には、そんな厳しさが、精神風土として育まれたいものです。
スポンサーサイト
プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4967位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。