スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年10月 事務局会議議事録

平成23年10月12日(水)19時~   於 昭和町彩の広場  参加者17名

議題
○郷育フォーラムについて
 10月30日(日)に甲府市総合市民会館にて開催します。
 当日、8時半までに準備を終えてください。9時から朝礼を行います。
 撤収清掃作業は15時から。
 スタッフ駐車場は善誘館小学校(旧琢美小)へお停めください。
 多くの方々の参集をお願いいたします。

○市民フェスタについて
 11月19日(土)20日(日)と小瀬スポーツ公園にて開催します。
 11期生は少人数ですので、短時間でも結構ですので、塾生の協力をお願いいたします。

○11期生活動について
 10月例会 10月18日(火)19時20分から 小瀬武道館会議室に於いて
 11月例会 11月2日(水) 18時50分から 小瀬武道館会議室に於いて 
 11月は、原伸介さんをお招きして講話いただきます。
 当日参加される方は、福島原発行動隊へ寄付を行うため、2,000円の寄付をいただけますようお願いいたします。

○行動・実践に向けて
 行動計画(9月事務局会議)
  1.9月末までに塾生の資格要件の選択を終える。
  2.10月事務局会議までにメーリングリストの整備を行う。
  3.10月事務局会議に、夢甲斐塾が描く10年後の山梨像、山梨をどうしたいか?の意見を集める。
  4.11月事務局会議で意見集約、10年後のビジョン、テーマの決定する。
  5.12月事務局会議で活動内容の決定する。

 1、2について、事務局長の対応の遅れにより遅延している。塾生の関わり方の選択は12月末の会費納入期限まで延長する。メーリングリストの加入者の明確化は、来月事務局会議までに整理を行う。
 また、フェイスブックの活用も検討する。
 
3.10月事務局会議に、夢甲斐塾が描く10年後の山梨像、山梨をどうしたいか?で集まった意見。

・ナンバー1がたくさんある県。
・医療連携の山梨モデルの構築。
・出る杭の個人、チームがたくさんあり、繋がる県。
・リニア、中部横断道と交通、物流の充実がなされる中、それを活かせる街づくり、人脈づくり。
・ありありと危機感、問題がわかるようになるまで、まだまだ学びが足りない。もっと多く学ぶ必要がある。
・社会の仕組みを知り、福祉、健康の分野で世代を超えた交流ができている県。
・福祉の視点に立った街づくりで、日本モデルを。真剣に一点突破一流主義で。
・再生可能エネルギーで日本一の県。住宅におけるCO2の削減。
・日本一を目指す活動を、日本一をたくさんつくる。10年継続する。
・夢甲斐財閥をつくる。教育が大事、大学をつくり法人化。
・家族を大切にする県。
・行動ありきで学ぶ。
・障害者の暮らしの充実。外出しやすいように福祉の視点に立った街づくり。もっと認知を。
・山梨の現状を分析するとインフラ整備がある、財政難、価値観の変化が大きい中、それを生かせるのかと考えると自立することが第一である。山梨の本物の魅力、地域の魅力を発掘、再発見して、発表の場を設けて収集し発信していく。山梨の魅力の整備が必要。


○その他
 塾生を中心とした活動について
 10期生を中心とした活動と中心メンバー
 RunPark 七沢ゆかり(10期) 牛田茂(10期)
 ジョブコラ 中山農(10期)
 ふんどし委員会 三枝あゆみ(10期)

 RunPark(ランパーク)の23日(日)緑ヶ丘スポーツ公園にて9時30分からの活動にNHKの取材が来るそうです。多くの方にご参加いただき、盛り上げていただきたいそうです。

○次回事務局会議は、平成23年11月16日(水) 於 花水木 19時から行います。
 

平成23年 9月 事務局会議議事録

平成23年9月14日(水)19時~   於 花水木  参加者15名

議題
○塾生資格要件について
  塾生資格要件について、次の細則を設けることに決した。
(塾生資格要件)
 入塾したものは、以下のいずれかの資格a・b・cを有する。
  a.塾生としてすべての権利を有する者。
  b.年間運営協力費を納めて、総会議決権を始め一部の権利を制限される者。
  c.上記以外、例会や各種会合等に毎回寄付金一口1,000円を支払い参加する者。
 以上
 この細則は平成23年9月14日に決定し、遡って平成23年7月1日から適用します。

 なお、上記資格aに該当するものは、現在の事務局メーリングリストを元に塾生メーリングリストを作り、それに加入する。また、夢甲斐塾生を中心とした活動※には、資格aの者がそのリーダーなど活動の中心人物となることを要する。
 ※例えば、「夢甲斐塾 エ志」など、「夢甲斐塾」と冠につける活動など。


 さらに、細則(会計)についても以下の変更を行います。(変更点は下線部分)
(会費)会費について、次のように定める。
 1.平成23年度の年会費は12,000円とする。
  なお、平成23年度入塾生(11期生)は、10,000円とし、入塾時に徴収する入会金10,000円を年会費として充当する。
 2.本人の申し出により事務局会議の承認を経た者は、年会費8,000円とする。例えば、学生、家計を一にする親族(1親等)の二人目など。
 3.年間運営協力費は5000円とする。
 .納入方法は、現金および口座振込による。口座振込の場合は、次に口座に振り込む。現金の場合は、会計または事務局長に届ける。
  会費振込口座:山梨中央銀行 武田通支店 
  普通 775504 ユメカイジュク
 .会費の納付期限は平成23年12月末日を期限とする。

 この細則は平成23年9月14日に決定し、遡って平成23年7月1日から適用します。


○ 行動・実践に向けて
 今後の展開について、以下の計画を立てました。
 9月末までに塾生の資格要件の選択を終える。
 10月事務局会議までにメーリングリストの整備を行う。
 10月事務局会議に、夢甲斐塾が描く10年後の山梨像、山梨をどうしたいか?の意見を集める。
 11月事務局会議で意見集約、10年後のビジョン、テーマの決定する。
 12月事務局会議で活動内容の決定する。

○ 11期生活動について
 テーマは「わ」となったがもう一度煮詰める。
 志民フェスタについて、11月19日(土)20日(日)に開催する。11期生は少人数のため、多くの塾生等のお手伝い、協力をお願いいたします。
 9月26日(月)塾長例会のゲストスピーカーについて、入塾式後の初めての塾長例会なので塾長との対話の時間をたくさん設けた方が良いので、ゲストはお迎えしない方が良いのではと事務局メンバーより助言した。

○郷育フォーラムについて
 10月30日(日)、タイムテーブルの提示を受けました。
 当日は、9時までに準備を終えて、9時から朝礼です。
 駐車場はスタッフ駐車場へ場所はあらためて連絡します。
 郷育フォーラム実行委員会より資金を受ける場合には、領収書の宛名を「郷育フォーラム実行委員会」でもらうこと。

○志民フェスタについて
 参加24団体。11期へぜひ協力をお願いします。
 PRチラシに載せる問合せ先について、電話番号は、「花水木」さんにお願いしました。
 また、ブログのアドレスのGRコードを作成します。
 ブログの問合せ先は事務局長宛に変更します。

○夢甲斐塾の名称使用について
 細則に以下を設ける。
(名称使用)
 「夢甲斐塾」の名称を使用するには、事務局の承認を得ることとする。
 2.夢甲斐塾生を中心とした継続的な活動で「夢甲斐塾」の名称を使用するには、その活動を始めるにあたり、事務局の承認を得る。さらに、塾生(資格aの者)がそのリーダーなど活動の中心人物となることを要する。
 3.名称を使用するものは、理念に則った活動を行う。


 なお、事務局に申請する際には、事業内容、事業計画、リーダー、主要メンバーなどがわかるようにして申請してください。

○10周年実行委員会報告
  10周年実行委員会より、活動報告、会計報告がなされました。
  会計の余剰分は、本会計に繰り入れることとなりました。
  塾長宛に、集合写真を額に入れて9月26日の来県時にお渡しすることにします。
  その他の写真は、ウエブ上でダウンロードできるように手配していただきます。

○その他
 9月25日(日)山賊フェスタにMy箸づくりで夢甲斐塾エ志が参加します。遊びに来てください。
 10月30日(日)歴史ウォークが開催されます。ご参加ください。
 10期生で預貯金口座を開設したいとの要望がありました。夢甲斐塾の名称を使用して団体口座を作成することは法人格を有していないため、甚だ難しいと推察します。但し、10期生として、代表者が口座を作成することは、構いません。メンバーで話し合った上、慎重に管理してください。


○次回、事務局会議は、平成23年10月12日(水)19時から、場所は、昭和町彩の広場。

 事務局長 佐野(8期)

平成23年 8月 事務局会議議事録

平成23年8月4日(木)19時~   於 花水木 参加者15名

議題
○規約細則について
・会費について
 (会費)会費について、次のように定める。
 1.平成23年度の年会費は12,000円とする。
 なお、平成23年度入塾生(11期生)は、10,000円とし、入塾時に徴収する入会金10,000円を年会費として充当する。
 2.本人の申し出により事務局会議の承認を経た者は、年会費8,000円とする。例えば、学生、家計を一にする親族(1親等)の二人目など。
 3.納入方法は、現金および口座振込による。口座振込の場合は、次に口座に振り込む。現金の場合は、会計または事務局長に届ける。
 会費振込口座:山梨中央銀行 武田通支店 
 普通 775504 ユメカイジュク
 4.会費の納付期限は平成23年12月末日を期限とする。

・塾長補佐役について
 規約第10条2により、塾長補佐役を設ける。
 役割は、教育を矢島孝浩(2)、管理を清水康邦(3)、事業(活動)を入倉要(8)


○今期の課題について
 出発した塾生に塾への協力の意思確認及び連絡先確認を実施し、塾生の明確化を計り、活動に協力できるメンバーを把握し、どのような活動をしていくのか決めていくことに決しました。
 
 明確化の方法について、9月事務局会議で話し合い、決議する旨、決しました。
 叩き台を次に示します。
 ①出発した塾生に塾への協力の意思確認及び連絡先確認を実施し、塾生の明確化を計ります。
  ※次の選択(abc)をお願いする。
 a.塾生(正会員)として、年会費を納め総会での議決権を得て主体的に活動します。
 b.協力員(準会員)として、年間運営協力費5000円を納めるか、毎回寄付金1000円を支払って、参加可能な時は、例会を始め、各種会合やイベントに参加します。 
 c.休会員として、塾の活動からは一時離れます。
 (但し、例会や各種会合等に毎回寄付金@1000円を支払って参加できます)
 ☆他に、終身会員(終身塾生)制度→5年間正会員(塾生)として活動した方を終身会員 (年会費を納めず正会員の資格を有する。※寄付は大歓迎)とします。

 10周年宣言に基づいた三つの活動案については、次回事務局会議に事務局長がタイムテーブルを提示して、それをベースに話し合いを行っていくことを確認しました。
 

○役割分担について
 事務局次長の役割について、事務局長並びに事務局次長で別途話し合いを行うことに決しました。


○11期研修期間運営について
 担当より提案があり、概ね了承いたしました。
 原さんの例会内で話すのではなく、例会前に話していただくことになりました。
 知り合うことをベースに事務局でカリキュラム化しています。例会内の時間を削ることは趣旨に合わないと判断しました。但し、決死隊の申し出は、まさに「志」です。その一端を原さんからお聞きするのは、お互いのためになるため、例会前に設定しました。


○その他
 市民フェスタ(旧地域おこし交流広場)に11期生並びに塾生が参画する旨、確認しました。
 事務局の志民フェスタ担当は稲葉(10期)さんとなりました。
 郷育フォーラム担当より、協賛のお願いがありました。出来る限り協力をお願いいたします。

○次回事務局会議は、9月14日(水)19時から花水木で行います。

平成23年 7月18日 事務局会議議事録

平成23年7月18日(日)16時00分~   於 韮崎文化ホール会議室  参加者14名

議題
 総会において確定した宣言文に加えて、10年の節目にあたり、より具体的な山梨から日本を変える運動をスタートさせる提言を10周年式典で行いましょうとの意見がでてきましたので、提案をもとに協議した。
 具体的な活動案はつぎのとおり。
 1.夢甲斐塾は山梨から日本を変える運動に着手する。具体的には、三つの運動を展開する。
  ① 次代を担う、志高い成年を育てる活動
  ② 山梨の良き伝統を県民が再確認する活動(仮案)
  ③ 日本一美しい県土づくりを実現する活動(仮案)
 2.そのための組織強化を行う。    以上

 参加者により議論した結果、塾としての宣言ではなく、塾生に対して事務局提案として10周年式典で発表を行うことで、次にまとまった。なお、提案をベースに話し合い、今年度の早い段階で具体的に結論を出すことで合意した。
 事務局案
 1.夢甲斐塾は山梨から日本を変える運動に着手する。具体的には、三つの運動を展開する。
  ①次代を担う、志高い成年を育てる活動
  ②山梨から日本一健康でいのちを大切にする活動
  ③自然エネルギー自給率日本一にする活動
 2.そのための組織強化を行う。

宣言文
 『私たち夢甲斐塾生は、たくましい“出る杭”となるために、
 夢甲斐塾を学びの場にとどまらせず行動・実践の場として、
 塾生が連携・協働をはかり「志をつなげ」
 新しい山梨の創造、日本再生の先駆けとなるべく行動を興します。』

平成23年 7月 5日 事務局会議議事録

総会終了後、開催。

次回事務局会議は、8月4日(水) 花水木において行います。

平成23年 7月 事務局会議議事録

平成23年7月3日(日)19時30分~   於 花水木  参加者11名
議題
○総会にて11期以降の10年を見据えて、今後の夢甲斐塾について、下の宣言を検討したい。
 以下の宣言文をを総会にかけることを確認しました。
 『私たち夢甲斐塾生は、たくましい「出る杭」となるために、夢甲斐塾を「学びの場」にとどまらず「行動・実践の場」として、塾生が志をつなげ(連携・協働をはかり)、新しい山梨の創造、日本再生の先駆けとなるべく行動を興します。』

○行動と実践に向けて、塾生のかかわりの部分について、検討したい。
 上の活動指針に基づいた取り組みについて、 次の3つについて、平成23年度事務局を中心に検討し、年度内に方向を示したいことを確認しました。
 議論の叩き台として、以下の提案内容を報告し、事務局会議等を通じて検討することを確認したい。なお、ウ.人材育成は、11期生研修対応をまとめており、それに基づき対応する。また、11期生対応の結果・検証を踏まえて12期生対応を検討する。
 ア.行動・実践の場に向けた、塾生の資格要件等について
 イ.新しい山梨の創造について
 ウ.人材育成

 ア.行動・実践の場に向けた、塾生の資格要件等について
  新しい10年を見据え、学びの場にとどまらず、行動・実践の場として塾生の連携と力の集約をはかるために、次の提案をします。
  ①出発した塾生に塾への協力の意思確認及び連絡先確認を実施し、塾生の明確化を計ります。
  ※次の選択(abc)をお願いする。
   a.塾生(正会員)として、年会費を納め総会での議決権を得て主体的に活動します。
   b.協力員(準会員)として、年間運営協力費5000円を納めるか、毎回寄付金1000円を支払って、参加可能な時は、例会を始め、各種会合やイベントに参加します。 
   c.休会員として、塾の活動からは一時離れます。
   (但し、例会や各種会合等に毎回寄付金@1000円を支払って参加できます)
   ☆他に、終身会員(終身塾生)制度→5年間正会員(塾生)として活動した方を終身会員(年会費を納めず正会員の資格を有する。※寄付は大歓迎)とします。
  ②メーリングリストの整備
  ③夢甲斐カフェを利用した情報の共有(ネットで動画配信)

 イ.新しい山梨の創造に向けて
  行動の実践の元となる夢甲斐塾の10年ビジョンを策定し、塾生の志をつなげテーマを決めて、行動を興します。
  ①甲斐塾の10年ビジョン(目指す新しい山梨の形)を策定する。(平成23年度中)
  ②塾生の出る杭活動の情報の共有
  ③動テーマを選定し、行動をおこす。

 ウ.人材育成
  これまでの夢甲斐塾は自習自得を基本とし、不便・不自由・不親切をモットーに、先輩塾生は極力関わりを持たない体制で来ましたが、11期以降は入塾後数ヶ月のカリキュラムをつくり「知りあう」「活かしあう」「創りあう」の流れでしっかりと関わることで、入塾生の成長を促すと共に自らも成長する場とする。
  当初例会は、事務局並びに11期生担当が運営に携わる。この間お互いを知ることに注力する。自己紹介など個人の発表の場を多く設けることで相互の理解を深め、信頼に結びつける努力をする。また、塾長例会以外の例会には出発した塾生が15分×2名の講話を行う。なお、この講話は例会の最後の30分を用いて行う。今年度は、塾生同士「知りあう」ことを重点に11期生の研修期間に事務局並びに11期生担当は関わり、「活かしあう」ような動きが現れるか検証する。

○総会資料の確認
  内容を確認し、適宜修正、加筆いたしました。

平成23年 6月 事務局会議議事録

平成23年6月14日(火)19時~   於 花水木  参加者13名
議題
○10周年事業について
 ・記念式典について
  平成23年7月31日(日) 受付15時~ 式典15時30分~ 懇親会17時~
  会場:ブライダルビレッジ ティンカーベル  
      中巨摩郡昭和町西条2432  ?055-268-5122
  会費:平成22年度会費 納入済の塾生5,000円
                  未納入の塾生6,000円
                  一般の参加者5,000円
  式典:懇親会(着席飲食あり)・参加記念品(10周年記念誌)代が含まれます。
 ・記念紙について
  夢甲斐塾10周年記念誌部会を開催します。
  第1回 平成23年6月19日(日)8:00~10:00 花水木
  第2回 平成23年6月25日(土)8:00~10:00 花水木
  第3回 平成23年6月30日(木)19:30~21:30 花水木
  ご協力お願いいたします。

○募集委員会から
   入塾説明会 6月17日(金)18:30~ 甲府市総合市民会館 大会議室  

○出発式、入塾式について
 7月18日(日) 出発式 8:30 甘利山山頂にて(登り口集合)
          入塾式 13:00 東京エレクトロン韮崎文化ホール会議室にて

○規約、細則について
 規約について、内容確認を行いました。
 会費について、以下の細則を設けます。
(会費)会費について、次のように定める。
 1.平成23年度の年会費は12,000円とする。
  なお、平成23年度入塾生(11期生)は、10,000円とし、
  入塾時に徴収する入会金10,000円を年会費として充当する。
 2.学生など、本人の申し出により事務局会議の承認を経た者は、年会費8,000円とする。
 3.納入方法は、現金および口座振込による。口座振込の場合は、次に口座に振り込む。
  会費振込口座:山梨中央銀行 武田通支店 普通 775504 ユメカイジュク
4.会費の納付期限は平成23年12月末日を期限とする。

○11期生研修期間の対応について
 前回事務局会議の内容を確認しました。
 11期生担当と11期事務局担当で詳細を詰めていきます。

○11期事務局体制について
 次のとおり話し合われました。未定箇所について、今後も打診を続けていきます。
 各期の連絡係りにつきましては、10期連絡係りから変更があればご連絡ください。
 代表   ・・・ 真壁俊之(7期)
 副代表  ・・・ 未定(9期より選出)
 事務局長 ・・・ 佐野吉彦(8期)
 会計   ・・・ 清水康邦(3期) 厚芝好美(6期)
 会計監査 ・・・ 未定
 事務局次長・・・ 柴田雅央(7期) 丸山浩(9期) 稲葉裕一(10期) 三枝数也(10期)
 広報   ・・・ 中川徳子(8期) 田中忠(10期)  
 11期生担当・・・ 入倉要(8期) 他3名(未定1名、10期生より2名)  
 情報管理 ・・・ 矢島孝浩(2期) 多賀恵子(5期) 加藤愛子(5期) 雨宮誠(6期)
 歴代代表 ・・・ 白倉信司(1期) 長谷川正一郎(2期) 矢島孝浩(2期) 
 清水康邦(3期) 厚芝好美(6期)
 各期連絡係・・・各期より2名 

 活動しているグループ
  駅前掃除、信玄公祭り、餅つき、農園、地域おこし交流広場、夢甲斐カフェ、論語、
  郷育フォーラム、箸づくり、紙芝居、一日一語

○その他
  郷育フォーラムについて、塾の窓口を小倉さん(8期)が行います。
  PR共有名簿を配布します。配布方法は本メーリングリストを中心に配布します。
  10期生を全体メールに招待をいたします。

○次回の事務局会議は7月5日(火)の総会終了後に行います。

平成23年 5月 事務局会議議事録

平成23年5月17日(水)19時~   於 花水木 参加者12名

議題
○規約改正案について
 規約改正案の第4条、第5条、第10条を修正いたしました。
 なお、設立趣旨を加えます。
 6月事務局会議で最終確認を行い、総会に提出いたします。

○規約細則について
 以下、会計について細則を設けます。
 以下の案を6月事務局会議に提出します。
 ・ 平成23年度の年会費は12,000円とする。
 ・ なお、平成23年度入塾生(11期生)は、10,000円とし、入塾時に徴収する入会金10,000円を年会費として充当する。
 ・ 学生など、本人の申し出により事務局会議の承認を経た者は、年会費8,000円とする。
 ・ 納入方法は、現金および口座振込による。口座振込の場合は、次に口座に振り込む。
 会費振込口座:山梨中央銀行 武田通支店 普通 775504 ユメカイジュク
 ・ 会費の納付期限は平成23年12月末日を期限とする。

 その他、修正や要望等あれば連絡ください。

○11期事務局体制について
 11期の事務局体制について、次の案となりました。
 大きな変更点は、次のとおり。
 情報プロジェクトチーム、MLメルマガ担当を廃止し、情報管理を設けます。
 委員会を廃止し、同じ志、共通のテーマを持って活動しているグループでチーム制を採ります。
 以下、体制案
 (規約)
  代表、副代表、事務局長、会計、会計監査を各1名。
 (細則)
  事務局次長・・・1名ほど 事務局運営など
  広報・・・3名ほど ブログ発信、情報発信窓口など
  11期生担当・・・4名ほど 11期生の研修期間をサポート
  情報管理・・・3名ほど 名簿管理、活動データ収集、ML管理など
  歴代代表・・・相談役
  各期連絡係・・・各期より2名 
  活動しているグループ
  駅前掃除、信玄公祭り、餅つき、農園、地域おこし交流広場、夢甲斐カフェ、論語、郷育フォーラム、箸づくり、紙芝居など
  ※活動しているグループのリーダーを事務局に連絡ください。11期生への紹介や活動等の連絡窓口になっていただきたいと思います。

○10周年事業について
 記念紙・・・記念誌作成のための情報を期限内に提出してください。
 式典・・・場所は、ティンカーベルに決定。式典と親睦会の2部構成。

○11期生受入れ運営について
 主な点は、以下となります。
 入塾後、2ヶ月は事務局で例会を設営する。
 目的は、出発後の塾生と入塾生との関わりや連携がとること。
 塾長例会以外の例会に塾生による15分のスピーチを行う。
 スピーチは、2名例会最後の30分を用いる。
 初回に研修期間の活動、会費、規約の説明を行う。
 2回目に創塾の精神、創塾のいきさつ、塾の独立について、話をする。
 次回以降に、山梨の歴史を知る、山梨の文化を知るをテーマに塾生が話をする。
 以上、詳細は事務局までお問合せください。

○募集委員会より
 公開例会は、10期生の素晴らしい発表でした。
 総数90名の方が来場しました。
 入塾希望者が4~5名ほど、あります。
 入塾説明会が、6月17日(金)18時30分から、甲府市総合市民会館 大会議室で行います。
 お知り合いをお誘いのうえ、ご参加ください。

○総会日程について
 平成23年7月5日(火)19時30分から、行います。

○その他
 郷育フォーラムについて
  公開例会をみて、教育フォーラム実行委員長より、ぜひ10期生に加わってほしいとの要請がありました。

 地域おこし交流広場について
  運営について、夢甲斐塾に中心となってほしいとの要望があったとのこと。
  地域おこし交流広場に関わり深い塾生を中心にチーム制をとり、担当していただきます。
 以上

   事務局長 佐野

平成23年 4月 事務局会議議事録

平成23年4月20日(水)19時~   於 花水木 参加者14名

議題
○被災地支援について
 萌木の村「清里フィールドバレエ心の震災復興プロジェクト」について、
 塾長から夢甲斐塾でお手伝いできないかの提案を受けて、
 資金協力、人的協力、その他アイデアで協力することに決しました。
 入倉さん(8期)を窓口に具体的な情報を舩木さんから得て、
 塾MLを通じて必要な情報を発信します。
 4/19山日新聞19面に記事が出ています。

 公開例会や近く行われるお祭り等で
 「清里フィールドバレエ心の震災復興プロジェクト」の募金を募りますので、
 ご協力をお願いいたします。

 「夢甲斐塾の有志がどんな協力が出来るかを
 自分たちで考え提案して欲しい」とのことですので
 アイデアを募集いたします。

○規約について
 会議内で十二分に話し合いを行い添付案をまとめました。 
 規約改正案並びに対比表を添付いたします。ご確認ください。

 提案がありました禁止事項は、規約に盛り込まないことにいたしました。
 規約で制限を設けずに、塾内で注意しあうことで対応します。
 なお、今後事務局内で細則、塾の心得等の形で加えるか検討することにします。

 来年度の年会費も併せて検討を行い、年会費12,000円に決しました。
 なお、会議運営費(今年度3000円)は徴収しないことに決しました。

 夢甲斐塾の設立趣旨を鑑み、規約は出来うる限りシンプルな形でまとめました。
 この他、細かな点は事務局会議で話し合いを行い、細則等を定めていくことに決しました。

 規約に、「設立趣旨」として当HPの前文を付記します。

 ご意見・要望がございましたら、事務局佐野までご連絡ください。
 次回5月事務局会議で改正案を決定します。

○11期生カリキュラムについて
 4月18日例会後に塾長より提案を受けて、
 11期生の受入にあたり当初数ヶ月を事務局にて
 カリキュラムを作成して研修を始める方法をとることに決しました。

 1年間の大まかなスケデュールを事務局長より提案させていただきました。
 それをベースに5月12日(木)19時から花水木にて、
 事務局内で詳細について話し合いを行います。

 なお、「山梨を知る」をテーマに山梨のことについて、
 講話をしていただく講師を塾生の中から募ります。

 また「期毎の活動を伝える」ことも考えておりますので、
 要請があった場合には、「はい、喜んで」とお受けください。

○10周年事業について
 記念紙について、平成23年4月27日(水)19:30~22:00に
 花水木(甲府市朝日町通り商店街)055-252-7687において打合せを行います。
 
 記念事業について、小さな一歩、長期的な被災者支援も含めて検討中です。
 記念式典について、1部2部構成で検討しています。
 2部の懇親会は自粛も考えましたが、
 自粛ばかりでは地域活性化を殺ぐことになるため、開催します。
 100名前後の規模で交通の便の良いところを模索中です。
 ご推薦があれば事務局までご連絡ください。

 内容については塾らしく料理を残さない、ゴミを出さないなどの工夫します。
 アイデアがありましたらこちらも事務局までご連絡ください。

○公開例会について
 「夢甲斐塾とは」は矢島さん(2期)。「代表挨拶」は厚芝さん(6期)。
 受付・駐車場係など塾生にお手伝いをお願いいたします。

 【日時】5月15日(日)16時~開場、16時30分~スタート
 【場所】アリアデフィレンツェ(甲府市川田町アリア205)
     組合会館マイスターホール(055ー220ー1600)

○その他
 ・教育フォーラムについて、参加団体を募集しています。
  郷育フォーラムにふさわしい、スポンサーを募集しています。
  郷育フォーラム担当は、矢島さん(2期)柴田さん(7期)小倉さん(8期)に決まりました。

 ・次期事務局を募集いたします。
  自薦他薦を問いません。
  事務局までご連絡ください。
  (1)塾生代表 1名
  (2)副代表兼事務局長 1名
  (3)会計 1名
  (4)監査 1名
  その他、広報、ML、夢甲斐カフェ、事務局次長、渉外、各委員会員など。

 次回事務局会議は5月17日(火)19時から花水木において行います。

平成23年 3月 事務局会議議事録

平成23年3月16日(水)19時30分 於 花水木 参加者12名

議題
○被災地支援について
 現地に赴く、物資を送る等様々な意見が交わされました。
阪神大震災に支援に行かれた方々の意見等踏まえて、現地の状況にあわせた行動を選択すること、塾の特長を活かして行動する旨が話し合われた。
また、物資を送る件は行政を通じて、塾の有志が行う。
県で受け入れた被災者の短期、長期的な支援を物心含めて、塾で行っていけないか今後検討していくことを確認した。

○10周年記念事業について
 記念紙について、ページ割りに基づいて、担当をつける。
 4月中旬までに掲載する情報を集める。
 式典について、震災を鑑みて式典のみを行う方向で検討する。
 事業について、被災者支援を事業にすることを検討する。
 10周年事業の予算を震災への寄付にまわしたらとの意見も出ましたが、寄付するならそれはそれで別途募り、10周年事業は行うことに決しました。

○規約について
 10周年の節目を期に、次の10年に向けて規約の見直しを行う旨を確認しました。
 今後、4月事務局会議までに事務局メール内で意見を募り、4月事務局会議で協議を行います。協議の内容を全体メールにはかり、5月事務局会議で結論を出す流れで行うことを確認しました。

○11期生について
 受入に当たって、4月来県予定の塾長の意見やプランを踏まえカリキュラムを作るか検討する。

○その他
 事務局会議の名称は、そのまま事務局会議とする。
 郷育フォーラムの担当を募集します。正副2~3名です。

○次回事務局会議は、4月20日(水)19時から、花水木で行います。

事務局長 佐野吉彦(8期)


プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3719位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。