スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『住職一代記』

※志ネットワーク発行 「デイリーメッセージ平成20年11月号」より

『住職一代記』   平成20年11月22日 6338号

 臨済宗秀森山・清水寺。山梨県甲州市にある小さなお寺だ。周りはぶどう畑。正面には、御坂峠越しに、白い雪をかぶった富士山の頭が見える。この清水寺の住職である須山邦昭さんは、『夢甲斐塾』の今年度の塾生である。年齢は七十五歳。塾生としては、最高齢者である。
 『夢甲斐塾』の合宿例会を、清水寺で開くことになったのは、私が強く要請したからだ。須山さんは、「こんなちっぽけな寺にお来しいただいて、寝ることもできませんよ」と固辞した。しかし、最寄りの宿泊施設が使えなくなったため、どうしても清水寺さんのお世話にならざるを得なくなった。
 例会開始は、午後八時。それまでの間、私は、塾生であり、住職でもある須山さんと雑談をした。それは、波乱の一代記。私は、話にのめり込んだ。と同時に、ここにも一つの立派な志が脈打っていることに、大いに感動した。須山さんの話の内容は、次のようなものであった。
 「私が、本山の命により、この寺の住職になった当時は、境内に背丈ほどの雑草が生い茂り、本堂は崩れ落ちそうでした。庫裏も、バケツがいくつあっても足りないぐらい、雨漏りする状態でした。私は、もう一つのお寺の住職でありましたから、週に一度、足を運ぶ程度でした。ところが、こんなボロ寺にも、賽銭泥棒がいたのです。朽ち果てた寺の賽銭箱が荒らされるのは、賽銭が入っている証拠です。それに驚きました。また、私が来るたびに、誰かがお参りしている姿を見ました。
 一番心を動かされたのは、朽ちた本堂の前に、長芋が二本白い紙に包まれ、さらに水引まできちんと掛けて供えられていたことです。江戸時代に開山した住職は、長芋が好きだったと伝えられていたのを知っていた人が、お供えしたのです。私はそれに感動して、地域の人達に、これほど頼りにされているのだから、寺を復興させようと心に決めました」。
 それが、須山さんの原点である。当時、NTTに勤務していた須山さんは、退職金をつぎ込むとともに、さらに借金もして、庫裏を建て替えた。さらに、地元の信用金庫と住宅金融公庫からローンを借りて、本堂も建てた。その間、塾の先生もして、生活をしのいだ。途中、地元の人達に担がれて、三期、市会議員も務めた。
 再建当時、檀家は五軒しかなかった。今は、三十七軒に増えた。墓地の分譲もしたけれど、まだたくさん売れ残っている。さらに追い打ちを掛けて、新築した本堂を昨年、焼失した。築後9年。それでも、須山さんはめげない。また、気を取り直して、本堂の建築に取りかかった。住職は、地域の人達の“心のより所”になりたい一心で、今もがんばっている。

『夢甲斐塾』諸君への手紙(10月)

※志ネットワーク発行 「デイリーメッセージ平成20年10月号」より

『夢甲斐塾』諸君への手紙   平成20年10月22日 6307号

 お元気ですか。私は先週五日間、北海道に出掛けていました。北海道は、今、秋の真っ最中。例年になく暖かい秋のため、紅葉の色付きがあまり良くない、地元の人達は教えてくれました。オホーツク海で、本マグロが取れたことも、ビッグニュース。地元の漁師さんもびっくりしていました。山梨の紅葉は、まだこれからでしょうか。
 北海道では、随分、多くの学びがありました。中でも、財政破綻した夕張市での研修は、今年が二回目になりますが、色々と考えさせられました。夕張は、“私達とは関係ない出来事”ではなく、まさに、日本の将来の姿を見るような気がします。本当は、夕張のことを高みの見物できるほど、私達の住む地域も安閑とはしておれないはずです。明日にも、私達の住む地域もまた、“財政破綻”する危険性があります。
 そんな中で、一つの大きな学びもありました。私は、財政破綻した夕張市で、どうして、全国にその名を轟かせるような夕張キングメロンが生まれてきたのか、不思議でした。その秘密を探りたいと思っていました。今回、理由が、よく分かりました。
 夕張は、炭鉱町として栄えてきました。石炭全盛の時代、夕張の町は大いに賑わっていました。人口も、今の十倍近くもいました。当時、夕張の人達の目は、すべて石炭に向いていました。裏返すと、農業は、まったく、蚊帳の外だったのです。ある時、市長が、「ところで、今の農協の組合長は誰だった?」と聞いたことを、未だ農業関係者は覚えています。それほど、農業は、“冷や飯を食わされる”状態だったのです。
 ところが、人間社会、“冷や飯食いの状態”が、かえって幸いしました。農業者は、行政が面倒を見てくれないのなら、自分たちで何とかしようと腹を決め、立ち上がりました。結果的には、その努力が、夕張キングメロンを生み出すことになりました。メロン農業組合の元組合長だった人は、「冷や飯が、雑草の強さを育ててくれた」と言いました。
 実に、私は、“わが意を得たり”と思いました。「志さえあれば、冷や飯もまた、人には大きなプラスをもたらしてくれる」のです。
 私達の人生には、“冷や飯”を食べなければならないような事態がいくらでもあります。多くの人達は、“冷や飯”を食べなければならないと、「どうしてこんな目に遭わなければならないのだ」と、くさり、やけくそになり、人を批判して、結局ますます落ちていきます。しかし、“冷や飯”も、チャンスなのです。何のチャンスか、「雑草の強さを養うチャンス」と受け止めるのです。そうすれば、“冷や飯”が、“温飯”に変わるのです。

『出席率』

※志ネットワーク発行 「デイリーメッセージ平成20年10月号」より

『出席率』   平成20年10月1日 6286号

 宴たけなわの時、居酒屋の玄関の扉が開いた。男女二人が、入ってきた。女性は、私も顔を見知っている、“夢甲斐塾”の塾生である。しかし、男性の顔を見るのは初めてだ。ところが、宴席に顔を揃えた塾生の間から、大きな歓声が上がった。私が顔を見たことのない男性が現れたことを歓迎する声が上がり、そして拍手が起きた。「二十九人目が、ようやく現れた。これで全員集合だ」との声が、どこからか聞こえた。
 拍手と歓声で迎えられたご本人は、少し照れながら、「はめられた」と、しきりに言う。どうやら、この日もその人は、塾生でありながら、“夢甲斐塾”の例会に参加するつもりはなかったようだ。どこか別の所で、一杯飲んでいたと言う。そこへ、“夢甲斐塾”の女性の塾生が、誘いに出掛けたのである。普通の言い方では、来ないだろうと思った女性の塾生は、何らかの策略を講じたのであろう。まんまと、その作戦に引っかかり、“夢甲斐塾”の宴席に連れて来られ、結果として、初参加になったのだ。
 今年の“夢甲斐塾”の塾生は、総勢二十九人。かつてない多人数である。それだけでない。最初の会合以来、これまた、かつてないほど、参加率が良いのだ。この日の例会にも、先輩を含めると、五十人ほどの人が集まっている。参加者が多いと、やはり、雰囲気は盛り上がる。そこで、私は、「今年の最大の研修課題は、入塾した二十九人が、一人の落伍者もなく、全員揃って一年後に出発すること」と求めた。
 実は、この目標は、まことにハードルが高い。“夢甲斐塾”への参加には、いかなる強制力も効果がない。「欠席したら止めてもらいます」、「罰金を取ります」、「給料に響きますよ」などといった言い方ができない。すべては、塾生諸君の心の持ち方一つである。一人一人が、「参加すると決めた限りは、途中で止められない。また自分が参加しないと、みんなに迷惑がかかる」と自覚する。それ以外の方法はない。塾生諸君の全員が、そんなふうな自覚ができていないと、歯の抜けるように、時間の経過と共に、参加率が悪くなっていくのだ。
 私は、もし仮に、入塾者全員が、一年後に揃って出発することができたとしたら、“夢甲斐塾”の体質が大きく変わると信じている。そして、“夢甲斐塾魂(スピリット)”といったものが、新しく生まれてくると確信している。既に、今まで一度も参加したことのない人を引っ張り出そうとする人も出てきた。参加しない人のことを、他人事ではなく、自分事として考えられるようになったこと自体、既に、変化の兆しは現れている。全員の自覚と、他人への思いやりがあってこそ、初めて成し遂げられる研修課題だ。

『夢甲斐塾』諸君への手紙(9月)

※志ネットワーク発行 「デイリーメッセージ平成20年9月号」より

『夢甲斐塾』諸君への手紙   平成20年9月16日 6271号

 今月も、塾生諸君の全員に手紙を出すことにしました。過去何年になるか、記憶は定かではありませんが、毎月、私の制作しているデイリーメッセージを、塾生諸君に配っていました。今までは、私から、リーダーに塾生諸君への配布を委ねていました。もちろん、リーダーは、全員に行き渡るように配っていてくれたことと思いますが、「ありがとう」といった内容の礼状をもらったことは、記憶する限り、一度もありませんでした。まったく反応のないままに、一年間、送り続けたのです。“糠(ぬか)に釘”とでも言うのでしょうか、手ごたえのないままに過ごしてきました。
 今年は、そのことをいささか反省しました。リーダーを通じて配るのでは、やはり私の思いは伝わりにくい。そこで、今年は初めて、手紙を付け、一人一人に、私から直接に郵送する方式に切り替えました。するとどうでしょう。次から次へと、礼状が届くのです。誰か、私に宛てて礼状を出すようにアドバイスしてくれている人がいるのでしょうが、反応があるのはうれしいものであります。正直、こんなことは初めてです。
 決して、礼状をもらうことを期待するわけではありません。しかし、礼状の来ないことにいささか寂しい思いをしていたことも、事実です。デイリーメッセージを機械的に配っているだけで、そこに心の通じ合いがなかったのです。それは塾生諸君が悪いのではなく、私自身の問題でありました。まとめて送っておけば良いだろうといった程度にしか考えなかった私の思いを映し出すような結果が出ていたのです。
 長い間教育の仕事に携わってきた私は、「すべては、指導する側の自分の責任」と考えてきました。今回もまったくそのとおりでした。相手を責める前に、自分の頭を叩かなければならなかったのです。今回、そのことに目が覚める思いで気付いたのは、諸君からもらった手紙の数々です。礼状を出してこなかった人達が悪いのではなく、礼状を出そうという気にさせなかった私に原因があったのです。
 諸君一人一人の手紙を丹念に読んでいると、自然のうちに、諸君と心がつながっているような気がするから、本当に不思議です。そして、心のつながりを感じ始めると、ますます、諸君に対する愛着が湧いてきます。今まで、デイリーメッセージを機械的に送り付けてきたことを大いに反省して、これからは、毎月、手紙を付けて、個別にお送りすることをお約束します。そんなささやかな私の自己変革が、『夢甲斐塾』の大きな変化につながることを確信して。
 今年の学びの、大きな目標の一つは、入塾してきた二十九人が、一人も欠けることなく、一年後には揃って出発することです。まことに簡単なようでいて、実に難しい課題であります。
 “全員出発”、一人も欠けずに、揃って出発しようということを、合い言葉としてお互いにしっかりと精進していきましょう。
 そのためには、いつも、「せめて私は」の心を持つことです。「どうせ私一人くらい」と考える人が増えてくると、危機であります。最初は一人、二人の欠席が、やがて堤防の一角が崩れ始めるように、全体の崩壊へとつながります。一人の落伍者も出さないためにいかにあるべきかを、ぜひとも、しっかりと考えてください。きっと、実生活にも役に立つ学びを得られることと思います。
 その第一のポイントは、『夢甲斐塾』を魅力のある学びの場にしていくことです。有意義で、楽しければ、誰でも万難を排して、参加したくなります。逆に、まったく魅力がないと、足が遠のくのは、当然でしょう。その際に、「誰かが魅力的にしてくれるのではなく、“せめて私は”」と考えて、率先垂範して、みんなに力を出していただかなければなりません。
 第二のポイントは、塾生諸君の間にある“温度差”に気を配ることです。何かの事情で、一度か二度欠席すると、とたんに敷居は高くなります。別段、何か行きたくない特別な事情があって行かないのではなく、何となく行きにくくなるのです。私も、そんな経験があります。その時に、誰かがそっと声を掛けて、誘ってくれると、「また行こう」という勇気が沸いてきます。私は、諸君には、欠席者にたいしてさりげなく目配りし、声を掛け、背中を押せる人になって欲しいと思っています。
 『夢甲斐塾』は、あなたのことを忘れてはいませんよ。みんなは、あなたを待っていますよ。塾生諸君が、そうした心遣いができるようになったとしたら、それは、諸君の“人間的成長”を表しています。
 一年後、一人の落伍者も出さずに、揃って出発できる時、塾生諸君は、「人間的に立派になった」と、私は太鼓判を押します。そして、『夢甲斐塾』の学びの最大の目的は、“人間的成長”にあります。
 今現在、『夢甲斐塾』に参加したものの、今ひとつ気分の乗らない人、どうも気が進まない人、既に半分降りかかっている人がいるとしたら、どうぞ、私に遠慮なく手紙を書いてください。私も、心掛けて、返事も書き、直接お会いして、じっくりと話を聞きます。
 猛暑の夏もようやく過ぎ去り、暑さにうだった山梨も、快適な時候の日々を迎えることでしょう。今月は、九月末日に、『夢甲斐塾』の例会に行きます。九月は二度の山梨行き。大いに楽しみにしています。

『研修課題』

※志ネットワーク発行 「デイリーメッセージ平成20年9月号」より

『研修課題』   平成20年9月8日 6263号

 『夢甲斐塾』の第八期生は、二十九人である。塾生の数からすれば、過去八年間で最高の人数である。そればかりか、女性も多いし、七十歳以上の人達も参加して、実に、多士多彩、多種多様である。年齢だけではない。職業もまた、様々である。昨日、私が参加して初めて開く会であった。多士多彩、多種多様であると、とにかく会合も賑やかだ。
 私は、今年の一番の研修課題として、「この二十九人が、一人も落伍することなく、揃って一年間の研修を終えて、出発式に顔を揃えること」と提示した。人によっては、そんなことが研修の課題になるのかと、いぶかしがるかもしれない。しかし、「一年間、一人の落伍者を出さないこと」は、見方によっては、一番難しい研修の課題ではないだろうか。
 もしも、一年間、一人も落伍者を出さなかったら、塾生諸君は、大きな自信を得ることと思う。また、出発式の後、組織の運営や会社の経営、あるいは人の使い方について、大きな学びを得てくれると思う。
 『夢甲斐塾』は、みんなが入塾しやすくしている分、今までは、一年間の研修途中で参加しなくなる人が、少なからずいた。「簡単に入れるので、簡単に止めてしまう」のだ。例えば、一年間の研修参加費用が、仮に十万円だとしたら、ほとんどの人は、めったなことでは途中では止めないはずである。まず入る時から、相当の覚悟を決めるだろう。それに対して、『夢甲斐塾』は、年間の参加費用は一万円。しかも、『青年塾』のように、二泊三日の合宿ではなく、平日の夜、二時間から三時間の会合がほとんどの会合が例会だ。仕事の終りに手軽に参加できるわけだ。それが、参加率の点からすると、逆にマイナスになっている気がしてならない。
 そのために、「入塾式の時にあんなにたくさんの人がいたのに、出発式にはこれだけしか参加しないのか」と嘆いたことも、一度ならずあった。今年は、「参加した人達が、最後まで継続して参加する」ことを課題にしたのは、私としては、かなり高いレベルの挑戦のつもりである。
 「どうすれば、全員が最後まで参加できるか」を考えるのは、塾生諸君にとって、良い勉強になるはずだ。これから、塾生の中には、こんなはずではなかったと思う人も出るだろう。仕事が忙しくて、とても時間が取れないという人も出るだろう。そんな一つ一つの個別の問題を、塾生諸君全員が、我が事として捉えなければ、うまくいかない。また、やむを得ず欠席した人や士気の落ちている人に対する配慮も求められる。要するに、塾生全員が、みんなのことを本気で考えなければ、この目標を達成できない。『志』を学ぶのに、これは最高の課題だと自負している。

『休まないことも、研修なり』

※志ネットワーク発行 「デイリーメッセージ平成20年8月号」より

『休まないことも、研修なり』  平成20年8月26日 6250号

 『夢甲斐塾』の八期生として、諸君と出会うことができたことに対して、心から感謝申し上げます。ぜひとも、この一年、お互いの人生にとって、得がたい“すばらしい思い出”となるように、精進しましょう。
 今年の入塾者は、二十四人です。これはかつてない多くの人数です。たくさんの諸君と出会えることは、大いにうれしいことであります。ただ一つだけ心配なことがあります。人数が多くなればなるほど、「私一人くらいは」といった、無責任な気持ちに陥りやすいことです。諸君の中で一人でも、「今年は、たくさんの塾生がいるから、私一人ぐらいは欠席しても大勢に影響ないだろう」といった気持ちを持つとすれば、そこから今年の学びの雰囲気は崩れていくことでしょう。
 私は、『夢甲斐塾』は、“高邁なる精神を養う場”であると思っています。世間の人達から、「『夢甲斐塾』に集う人達は、精神が違う。常にみんなのことを考えて、自らがいかにあるべきかを考えられる、高い精神の持ち主ばかりだ」と言われるようになるのが、一番の理想であり、目標です。
 そのためには、まず、身近なところから実践していくことです。私は、諸君が、『夢甲斐塾』に入ることを決めた以上は、それに伴う責任というものが生まれてくると思っています。「参加すると決めた限りは、万難を排して、とにかく出席しよう」と努力することが、そのままあなたの精神を高めていくことにつながっていくのです。
 時には、なかなか参加できにくい状況に陥ることもあるでしょう。しかし、「とにかく参加すると決めた限りは、どんなことがあっても行く責任がある」と腹をくくるならば、何とか都合をつけよう、あるいは、出られないならば出られないなりに、みんなに少しでも心配をかけないような手立てをしようと思うようになります。欠席するにしても、事務局に何の連絡もなければ、縁が切れていくような切なさを感じてしまいます。
 私は、デイリーメッセージを制作しています。これは、三百六十五日、一日も休まないようにしようと決めて、続けているものです。もう、六千二百五十号を超えました。その間、一日も休んでいません。時には、病気になったこともあれば、疲れてくたくたになった日もありました。休むための理由と口実など、無限にありました。それを越えてきたものは、自分自身への責任を果たしたいとの思いだけです。諸君もまた、「参加すると決めた限りは、続ける責任がある」と、まず腹を決めてください。『夢甲斐塾』には、そんな厳しさが、精神風土として育まれたいものです。

『ぶどう作り』

※志ネットワーク発行 「デイリーメッセージ平成20年8月号」より

『ぶどう作り』   平成20年8月10日 6234号

「ぶどう作りに長年取り組んできて、しみじみ分かったことの一つは、植物というものは、すべて、成長しよう、成長しようとしていることです。それが基本だと分かったのです。成長しないでおこうとしてる植物は、何一つありません。だから、植物を育てる時には、その成長しようとする働きを止めないこと、あるいは、邪魔をしないこと、さらに言えば、足を引っ張らないことが、何よりも大事なのです。」まるで、哲学者のような一言を、汗をかきかき、話してくれたのは、山梨県甲府市でぶどうを栽培している池川仁氏である。池川氏は、私が塾長を務めている『夢甲斐塾』の塾出身者である。
 私はかねてから、池川氏のぶどう作りに関心を持ってきた。何よりも、農業に取り組む考え方と姿勢がすばらしいのである。「農業というものは、心の底から、農業が好きで好きでたまらない、そういう人がやらなければだめです。いやいや取り組んでいて、いい作物ができるはずがありません」。農作業の途方も無く手間ひまのかかることを、苦しみと受け止めるのか、楽しみと受け止めるのか、それが分かれ道であると言うわけだ。
 池川氏を見ていると、とにかくぶどう作りが楽しくて、楽しくて、たまらないという雰囲気が全身からあふれ出ているのだ。早朝の四時過ぎから働く。それを苦痛などとは考えていない。ぶどうの成長する様子を一刻も早く見たいと思うから、布団から飛び出して、畑に向かう。そんな日々を送っている人から、月並みのぶどうが生まれるはずは無い。
 「塾長の話を聞いていて、毎回の講演をする時に、これが最後だと思って命をかけるという話を聞きました。そして、その話に大いに奮い立ちました。私もまた、ぶどう作りに取り組む時、今年が人生における最後のぶどう作りだと思うようにしています。そう考えると、言い訳がなくなります。今年は天候が不順だったからとか、長雨が続いたからなどといった言い方は、また来年もぶどう作りができると思っているからです」。私の話が、池川氏のぶどう作りにも影響を与えていると知り、感激した。
 池川氏は、収穫の時期、家に帰って、電灯の下に並ぶぶどうの色を見て、身の震えるような感動を感じると言う。ぶどう作りに命をかけた人だからこそ味わうことのできる感動である。池川氏の育てたぶどうを使って生まれたワインを一口飲んで、脳研究専門家の茂木健一郎氏は、「このワインは、宇宙の味がする」と言った。池川氏は、農業とは、宇宙の力を取り込む仕事であると考えてきたから、その一言に感極まった。

『私の宝物』

※志ネットワーク発行 「デイリーメッセージ平成20年7月号」より

『私の宝物』   平成20年7月28日 6221号

 私が塾長を務めている『夢甲斐塾』は、開塾して八年目を迎えた。過去の一年間、一緒に学んできた七期生の出発式と、これから一年間、新しく共に学ぼうという八期生の入塾式を、同じ日に行った。『夢甲斐塾』は、私が山梨に出かける日程に合わせて行事を計画するので、同一日に、出発式も入塾式も、いっぺんにやってしまおうというわけだ。もっとも、これはこれで、なかなか良い点もある。出て行く人達と、入ってくる人達が、共に顔を合わせてそれぞれの式典に出られるので、仲間意識を持てる。特に今回は、出発式と入塾式を済ませた後、合同のバーベキューパーティーを行った。おかげで、七期生と八期生は、すっかり打ち解けた様子であった。 
 今回入塾した八期生は、二十九人。大幅に、入塾者が増えた。とりわけ、七十歳以上の人が二人いたのには驚いた。もっとも、二人とも、入塾式には欠席した。はたして、日程の都合がつかなかったのか、それとも最後に逡巡したのか、定かではない。誰に聞いても、正確なところはわからなかった。“幻の塾生”に終わるのだろうか。
 入塾式の恒例の企画は、「私の宝物紹介」だ。一期生の時から、塾生の自己紹介として、「自分が一番大切にしているもの」を持参して、紹介してもらった。私は、自分の主宰する場では、いつも一ひねりした自己紹介をしてもらっている。通り一遍の自己紹介では、なかなかみんなの記憶に残らないのだ。「宝物持参」の一ひねり・一工夫で、とたんにみんなの個性が表に出てきて、興味深くなる。
 最初に立ったのは、田端成治君。今も、彼の名前をはっきり覚えているのは、「宝物」に特徴があったからだろう。彼が最初に手を挙げて立った時、横に若い女性が寄り添った。「これが私の妻。宝物です」と言う。この日、何人かが、家族、妻、子供を、「私の宝物」として紹介してくれた。しかし、本人を連れてきたのは、田端君だけだ。後の人は、「一緒に行ってくれと頼んだけれども、断られました」などと、いささか力弱い。
 もともと、「私の宝物持参」のアイディアを考えたのは、私である。私は、どんな時でも、「何か一工夫」を心掛けている。形にはまった、通り一遍が一番嫌いだ。どんなことをする時でも、「一工夫を加える」ことによって、自分の個性を表に出せるのだ。今回も、現物を持参した人達は、揃って、印象が深い。今でも、はっきりと記憶にとどまっている。大きな楽器を持参して、その場で演奏してくれた人のことなどは、もう忘れられない。かつてない多人数の塾生が、何人最後まで続けられるか、楽しみだ。
 
プロフィール

夢甲斐塾

Author:夢甲斐塾
夢甲斐塾は上甲晃塾長の教え『自修自得』の心で実践と凡事徹底を基本的な理念としております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。